タグ:Google ( 6 ) タグの人気記事
Google Docs & Spreadsheetでグラフが使えます
CNET JapanGoogle Docs & Spreadsheetにグラフ機能が追加--Word・Excelを追撃

ひどく複雑な計算をするのでない限り、これでいいような気がしてきました。もし300人クラスの会社で、すべての表計算&ワープロをこれに切り替えると¥50,000×300で1500万円浮いちゃいますね。プレゼン機能も追加されるようです。OSもLinuxにしたら更に1000万円安上がり。これに替えない理由が見つかりません。だって普通の人はwordとexcelと年賀状用の宛名書きソフトがあれば、パソコンでの仕事はほとんどまかなえちゃうでしょ。

タダって素敵! 
でも日本の格言では「ただより高いものは無い」といいます。
何でも飛びつくのはアレですが、何がその先にあるのか、それを視野に入れつつ、使えるものは便利に使っていくスタンスがあれば、ただより「安い」ものは無い、でもいいのではないでしょうか。
[PR]
by nekotekikaku | 2007-04-20 07:59 | @デザイン屋
8コアMac ProとGoogle Desktop for Mac
b0020765_7172344.jpgかねてから噂だったMac Proがいよいよ8コアに。ここまでくるとDTPをしている人間からすると「何のために?」と思っちゃいますが、3Dのレンダリングや映像の編集やエンコードはCPUの性能に依存します。8時間かかってたレンダリングが4時間になれば、時間単価は飛躍的にあがる訳で、¥319,800なんてのはむしろお買い得特価かもしれません。まぁ本気でクラスターを作るのであれば、Googleのサーバーよろしく自作するのが一番効率がいいのは明らかなのですが、買って置いただけですぐ高性能なのがAppleのいいところ。実のところ本当に狙っているのは、近々出るらしい新iMacの方なんですけどね。

そして同日Google Desktop for Macがお目見え。ウィジェットに置いとくだけでメールからファイルから何でも検索。MacOSXのSpotlightは相当賢いので、あえてこの時期出してくるGoogle Desktopがどれくらい使えるものなのかが見もの。Gmailメインで使ってる人は便利でしょうね。対応は当然10.4以上、10.3.9を未だに使い続けている私には縁のない話です。この際OSもメーラーも新しくしちゃおうか。でもWorldwide Developers ConferenceでLeopardが出そうだし...6月まで待ってみるか。
[PR]
by nekotekikaku | 2007-04-05 07:11 | @デザイン屋
Google Phone開発中です。
Mac Rumorsによると、Google Mobile Phone in the Works?という記事でGoogleSpainが携帯電話を開発していると認めたという事です。iPhoneは着々と部品ベンダーと供給契約を結んでいますが、同様にアジアでの提携業者を探しているとの事。どんなんか楽しみですね。

普通に考えるとGoogle Appsが使える「小さな無線情報端末」でしょうが、検索ベースの携帯と考えると掛け先を「お薦めする」んじゃないでしょうか!? こんな気分のときはこいつに電話とか、この近所で話せる相手と場所はこれとか。折角マイクつきですので、音声検索なんてのも仕込んでほしいですね。しゃべったら即Podcastになる機能なんかもいいかも。OSまで含め全てのアプリを内側に持つiPhoneとは違って、Google Appsのように外にアプリを持つためには常時接続が必須。Googleなりのインフラへのアプローチを期待しちゃいます。
[PR]
by nekotekikaku | 2007-03-20 16:21 | @デザイン屋
Google モバイル ニュース
グーグル、国内でもモバイル向けニュース配信を開始

Google モバイル ニュースはGoogle Newsのケータイ版。早速見てみると、いきなり徳島新聞の「情報流出防止へ県警刑事部」という記事。そうそう、色々流出させちゃ逝けませんからね。うーん、Google様分かってらっしゃる。
[PR]
by nekotekikaku | 2006-10-12 23:44 | @日常屋
色付きiPod nano そしてiTVの革命
b0020765_21184478.jpg出ましたね、色付きのiPod nano。1世代挟んでやっと、iPod miniの後継機が登場ですね。nanoが出てからも、その色のかわいさと質感で異常な人気と高騰が続いていたmini市場ですが、これで少しは落ち着くでしょう。こういった小物はリーマンのネクタイや電通の名刺のように、色のチョイスで個性を演出しなくちゃいけませんからセンスが問われます。

これに乗っかってVodafoneがスーパーボーナス+ iPod nanoセールを開催中。iPodと抱き合わせて機種のローン買い&長期縛りサービス推進企画です。小学生の頃ガンダムのプラモが品薄だった時、ロボダッチと抱き合わせで売っていたシケたおもちゃ屋さんを思い出します。赤い袋のモデムがiPodに変わっただけなような気が...気のせいですよね。

iPodにゲームがついたり、shuffleが極小になったりと話題に事欠きませんが、一番はiTVと映画配信です。世の中BluerayだコピーガードだGyaoだと騒いでますが、CDの時同様Appleがあっさりそこを飛び越えていきそうな気がします。CDの場合、日本にはレンタルという文化があるため、アルバムをリッピングする方が安価という事情もありました。DVDリップにiTunesが対応するとは思えないので、音楽アルバム+αの新作14.99ドル、旧作9.99ドルの価格は、DVDソフトの相場からすれば充分に購入検討に値する価格でしょう。それを無線でテレビに飛ばしてリビングで見られることで、実質流通のためのメディア(プラスチックの円盤)を排する事ができるのが革命的。音楽の方も「でもCDには表紙がないとね」という人対策に、なにげにアートワーク無料配布も始まっています。抜け目のない。

Macだけならすぐにでも可能でしょうが、あらゆる環境のPCとどう絡むのか、AirMac Expressの拡張版のようになるであろうiTVが、どこまでシームレスにPC&Macと連携できるかが普及のカギ。既存メディアのエゴを引きずらざるを得なかった、いまや死体累々のネットワークメディアプレーヤーと同じ轍を踏む事は無いと思うのですが。

追記:渡辺さんの記事が「Googleから見ると、アップルはコンテンツのバイヤーと捉えられる。」と締められていました。なるほどぉ。リアルデバイスとコンテンツ流通を握っているAppleと最大の頭脳を持つGoogleは、ともにクールである事が共通項。技術を自社内で完結させる所も、マッシュアップやバイラルで民衆を上手く使って胴元が儲かる手法も、確かに似ている。具体的にコンシューマーから金を取るにあたって、一番組みやすい相手なんですね。で、 Googleは何を売ろうとしているんでしょう?人知、それともその人個人(i)でしょうか。そしてし好や関係性がサーバー:クライアント化して行くのなら、それはとてもインターネット的じゃないですね。
[PR]
by nekotekikaku | 2006-09-13 22:01 | @日常屋
Googleは敵なんすか
先日の佐賀新聞ニュースサイトリニューアルで、Technoratiのブログ検索とともにGoogle Adsenceを導入しました。そしてなぜかGoogle Newsにも引っかかる様になりました。つまりさんざん敵視していた巨大帝国Googleさんとお付き合いする事になったわけです。

このことに対して「バカじゃね」「ジャーナリズムの死」「プロモーションの一環」「ゆでガエル」と様々な意見を耳にしました。「バカじゃね」は暴論としても、ニュースのプロモーションとしての効果はアクセスの大幅な伸びを見ても十分感じ取れます。少なくともYahoo!などのポータルにに月数万円で魂まで売りっぱなしよりはマシでしょう。Adsenceにしても、うちは「このサイトに広告を掲載」というオンサイトサインアップを外しています。他の地方紙さんのように、これがONであれば地元代理店とは食い合いをする事になると思いますが、そうでなければ単純に広告代理店の枠が広がっただけと考えてもいいのではないでしょうか。その事に地元代理店が気づいているかどうかが気になるところですが。

というわけで、あれこれ考えてみても感情論以外には特に悪い事もないのかなぁなんて。他社と連携して「じゃあ利益部数割りね」という中央集権お決まりパターンだと、うちは相当不利なはずですから。独自の広告マッチングシステムが関連企業内で作れれば別ですが、それこそ経済産業省でも今からってのに不可能ですよね。Google帝国は脅威とはいえ、そこから逃げ出すよりは上手く使って結果ユーザーに喜んでもらう方がいい、と考えるのってバカげてるんですかねぇ。
[PR]
by nekotekikaku | 2006-07-17 07:02 | @新聞屋