「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
経営者と職人
もう2ヶ月になりますが、京都に行った際にお話しさせていただいたベンチャー社長さんとの話の中で出た「あなたは経営者?それとも職人?」という言葉が、ずーっと頭の中を駆け巡っていました。経営者は人を動かしお金を動かすことで社会に貢献する。職人は自分の感性と技を磨くことで貢献する。お互い相容れないが、お互いが無いものを必要とし合っている、と。

私は、ほぼ即答で「職人です」。

でも、もしかすると新聞社って職人しかいないのでは。外部から経営者を呼ぶ訳でもなく、どこの社も編集職人が経営トップだったりしますよね。編集・報道はもとより、事業、営業、販売も職人が職人を使うので、現場の気持ちは分かるけど、旧来通り以外にマネジメントが出来ない。そのくせ部署間の壁は超高い。業界全体が徒弟制度を教育方針とした伝統工芸化してるんでしょうね。

じゃあどうしましょ?

職人さんも経営を勉強することですね。職人としてどう使われ、どう動くのが経営の効率化に寄与するのか、この技術はどの分野で生きるのか。そのような部署を超えた視野で捉えられると、新鮮な目で自社の商品を構成でき、職人さん自身にも働きがいが出てくるのではないでしょうか。同様に経営者も、職人に責任を与え、うまく褒めて伸ばして使ってやることで、同じ人件費でも製品の品質がグンと向上することでしょう。お客さんからの反応を渡してあげると、社会の中での存在意義が明確になり喜びます。

本来、おもろいことは与えられるより自分で作ったほうがおもろいはず。職人さんの手と経営者の目がついたスーパー職人が増えれば、会社もますますおもろくなる、はずですよね。日本全体が沈んでるんですから給料なんて上がるはずもなく。だったら少しでも楽しく仕事ができるように、経営者と職人はいがみ合わず協力するのは、組織としては非常に自然な流れだと思いますよ。
[PR]
by nekotekikaku | 2010-07-06 10:41 | @新聞屋
岡田首相 退任の意向
7/1付デーリー東北新聞に「岡田首相 退任の意向」との見出しが踊り、ネット上でちょっと話題になりました。紙面イメージはこちら。サイトトップには編集局長名での顛末書が掲載されています。

「岡田首相」の見出し誤掲載の経緯について

デーリー東北新聞社 取締役編集局長 山本 義一

 本日1日付1面、サッカーのワールドカップ南アフリカ大会に関する記事で、本来は「岡田監督 退任の意向」とすべきところを、「岡田首相 退任の意向」と誤った見出しを掲載しました。読者、関係者の皆さまに多大なご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ありません。
 誤掲載に至った経緯を説明します。整理部の1面担当記者が見出しを付けた段階で、メーンを「日本代表きょう帰国」、サブを「岡田監督 退任の意向」としていました。ゲラをチェックした整理部デスクが主見出しと脇見出しの入れ替えを指示し、担当記者が見出しを打ち直した際、誤って入力しました。その後、ゲラの最終チェック段階まで誤りに気づかず、そのまま通してしまいました。
 印刷開始から約40分後、印刷部員が「岡田首相」になっているのに気づき、輪転機を止めて見出しを「岡田監督」に修正して印刷し直しましたが、既に販売店への新聞の発送が始まっており、すべての新聞を差し替えるまでには至らず、発行部数10万5000部のうち、およそ半分の5万部について「岡田首相」のまま配達される結果となりました。
 あす2日付1面に、お詫びと訂正を掲載します。


おおむね笑い話として捉えられているようですが、作り手から見ると明日は我が身の冷や汗ものですね...。「人の振り見てわが振り直せ」としたいものです。

追記:Twitter上でもおわびつぶやきが出ています。こちらの対応は「他山の石」参考にしたいものです。

追記2:そういえばカメルーン戦直後に岡田監督バッシングを謝ろう、ということで#okachan_sorryというハッシュタグもありましたね。そーり!そーり!アイムソーリー!ですね。
[PR]
by nekotekikaku | 2010-07-01 11:19 | @新聞屋