<   2009年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧
市民対話集会「再考 地方紙の役割」
b0020765_184572.jpg

佐賀新聞労組主催の市民対話集会2009「再考 地方紙の役割」が佐賀市のiスクエアで開催されました。
北海道新聞の高田氏の基調講演をはじめ、プルサーマルをテーマにしたパネルディスカッションを通じ、新聞報道のあるべき姿を論議しました。

高田氏は「地方紙に求められる報道姿勢」新聞の発表ジャーナリズムこそが問題だと提起、紙面は読者のものであり、読者の為に何を書くのかが大事。地域の問題を掘り起こし、全国に問題提起していくのも地方紙の役割であり、その為には名刺を持たない普通の人々の暮らしを拾う努力が必要、と訴えました。

パネルディスカッションでは、愛媛と佐賀の記者から一連のプルサーマル報道の報告があり、市民団体や会場からは地方紙報道への要望などが寄せられました。

そして、今から始まる懇親会ではさらに白熱した論議になる予定です!?
詳細は明日の佐賀新聞をご覧ください。

追記:こちらに記事が上がっています。さすがプロの書く文章ですね。
[PR]
by nekotekikaku | 2009-06-27 18:25 | @新聞屋
マイケル・ジャクソン死去
M・ジャクソンさん死去 米メディア報道、自宅で倒れる
米人気歌手マイケル・ジャクソンさんが死去(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

スターと言われる最後のスターでした。

後年は激しい整形で自身が「スリラー」になったり、MIBでは宇宙人扱いされたりでしたが。とみんな書くんだろうなぁと思いながら書いてみる。合掌
[PR]
by nekotekikaku | 2009-06-26 10:45 | @日常屋
眞木準さん死去
真木準さんが死去/ジャンル別ニュース一覧 :佐賀新聞の情報コミュニティサイト ひびの

「でっかいどぉ。北海道」などの名コピーを生み出した、コピーライターの眞木準さんが死去。広告クリエイティブの歴史を語るときに、欠かせない存在で、新聞広告クリエーティブコンテストの審査委員長を務めるなど、新聞広告との関係も深い方でした。くしくもだじゃれ発の「夕張夫妻」がカンヌグランプリを取った翌日だけに、時代の変わり目を感じる1日でした。

広告活動が作品から同心円で繋がるマスメディア形は衰退し、流行はコミュニケーションデザインに遷れども、研ぎすまされた言葉の強さが人を繋げていくことに変わりはありません。合掌
[PR]
by nekotekikaku | 2009-06-25 03:25 | @デザイン屋
シンクロ率400%
20日付の新聞に2つの全面広告が載りました。
ひとつは5面の九州電力、もうひとつは16面の花王です。
b0020765_13214772.jpg

b0020765_1322591.jpg

ともに地球環境を考えることで、日々の生活に根差した企業活動をアピールするものですが
1)レイアウトの構図が同じ
2)街並み、三日月、空のグラデ—ションなどモチーフが同じ
3)夕焼けと朝焼けという時間のコントラスト
4)テーマがともに地球環境
など関連性が高いものになっています。この異常に高いシンクロ率は広告企画?と問い合わせた所、扱い支社も違うまったくの偶然、しかも全国でもこのシンクロが見られたのは佐賀新聞+αだけだったのでは、とのこと。こんな事もあるんですね。

ともに家族の幸せを思う気持ちにストレートにリーチする、いい広告です。
[PR]
by nekotekikaku | 2009-06-22 11:50 | @新聞屋
しつこいけど、イラン情勢
豊かさって多様性だと思うんですよ。0か100かの二者択一だけではなく、その中間がきめ細かくややブレながら連続的につながっている、その選択の自由があるということがあらゆることの豊かさなんではないかと。例えばカレーを食べるという用を満たすだけなら、魯山人も評した(?)新聞紙の器を使うのも、柿右衛門の濁手の丼をつかうのも変わらない訳ですが、新聞紙はともかく、100均か柿右衛門かしかない世界は味気ないでしょ。エントリーとして安価で善良な品があり、その少し上にはもう少し上質な体験ができるという感覚のステップアップが人間を育てていくんです。

で、しつこいんですが、イラン情勢。イラン、BBC支局長を国外退去/ジャンル別ニュース一覧 :佐賀新聞の情報コミュニティサイト ひびのだそうです。小林恭子の英国メディア・ウオッチ:イラン、デジタル英国の報告書によれば、イランでBBCはここんとこ行動が制限されていたらしく、イラン国内ではBBCを自由に聞けないのだとか。しかし他局は当たり前に取材しているらしいので、BBCだけが圧力を掛けられていると小林さんは見ています。地方放送局が弱体化し、英国ではBBC一極化が懸念されていますが、今回の経過はまさにその危険性が露呈した形です。

その多様性は現在メディア企業が自身の事業として賄っていますが、このメディア不況時に誰が担保していくのか、もっというと誰が金を払って支えていくのかを考え直す必要がありそうです。そこらへんを高野孟氏が新聞もテレビも、もう要らない?—4つの雑誌の特集を拾い読むで文字通り拾い読んでおり、クーリエ・ジャポンの特集から、1)政府の補助金 2)NPOとし寄付で賄う 3)ジャーナリスト集団を慈善事業で支える 4)ウェブ向けの新しいジャーナリズムの開発に投資 という選択肢があると書いています。どれも米国の事例ばかりですが、数年後を歩む日本のメディア業界には参考になるかもしれません。

効率化や広告減、あるいは政府のご都合と言った要素で、ジャーナリズムの多様性が損なわれるのは非常に危険です。Twitterは今回のイランでは中立だったかもしれませんが、他の地域ならどうでしょう。Googleは中国では、政府に不都合な検索結果を意図的に表示させないという措置をとっているのは有名な話です。Yahoo!トピックがタダで見られていれば、豊かな社会が担保される訳ではない、ということを忘れてはいけません。
[PR]
by nekotekikaku | 2009-06-22 04:58 | @新聞屋
しつこいですが、Twitter
米国務長官、「Twitterはイラン国民にとって重要」とコメント
米国は他国の表現の自由を守る義務がある、と。

われわれは表現の自由を促進する。Twitterは表現の1手段であり、イラン国民にとってのみならず、世界中の人々にとって非常に重要な手段となりつつある。わたし自身は使っていないが。人々が情報を共有する手段を稼働させ続けることは、特にほかに情報源があまりない場合、非常に重要だ
全くその通りです。その担保を誰に求めるのか、というところが問われているんですね。それが新聞じゃなくなりつつある、と米国政府がある意味認定したというのが、一連のニュースな部分だったと思います。

米国産サービスなら米国法に則って運用されるでしょうから、Googleの出版著作権問題で露呈したように、コンテンツ自体が日本的考え方と違う利用をされかねません。ナイフは調理も殺人も出来ますが、利用価値があるなら存在や製造自体を規制はできません。ただ、利用にはその社会に応じたローカルルールが必要で、それはその国・地域のコミュニティの中で考えるべきでしょう。米国のTwitterとイランのTwitterと、佐賀のTwitterは、インフラは同じでも持っている意味が違うはずです。今後も様々な利用法や表現方法がTwitterなどサービスごとに編み出されていくでしょうが、それが最終的にどう使われるか、まで過度の干渉を受けないように、ブームに乗せられすぎず監視・議論していくのが、マスメディア・地域メディアとしての新聞の必要性になるのかもしれませんね。

ま、インターネット自体米国の軍事情報網の民生化インフラですから、全ては掌上のダンスとも言えますが、それはそれで。
[PR]
by nekotekikaku | 2009-06-19 11:01 | @新聞屋
ジャーナリズムを守るTwitter
ツイッターが保守作業を延期、背景にイラン情勢: AFPBB News

イラク政府が新聞発行を停止したため、情報インフラとしてミニブログ「Twitter」が注目されているようです。Twitterは中国大地震の時に災害情報網として使われたり、オバマ米大統領が選挙戦で戦略的に利用したり、最近ではオフィシャルサイトでDellが売上を伸ばすなど、プロモーションインフラとしても注目されているWEBサービス。今回の大統領選に際し、イラン国民にとっては数少ない情報源となるため、いわばTwitterという米国のいちWebサービスが、イランという国のジャーナリズムを守った!と言えなくもない出来事です。

最近では朝日新聞がサッカー中継したり、佐賀新聞をはじめ地方新聞社数社がRSSフィードを表示させるなど、ここしばらくの盛り上がり感はかつてのBlogブームを彷彿させます。しかしこれを単なる露出先の追加と捉えるのではなく、その場ならではのコミュニケーションの形を模索して、新しいジャーナリズムの形を作り上げてほしいものです。ちなみにTwitterで講演などをライブ中継することを「Tsudaる」(音楽系ジャーナリストの津田大介さんがやり始めたから)って言うみたいですよ。1センテンス140字以内というシステムの制限を想定して、リアルタイムにまとめかつ読ませるモノを作るのも、紙やブログと違った技術が必要なんですね。

さて、今回のニュースなポイントは、それにくだんのオバマ米大統領が一枚噛んでいるらしい、というところ。トップが率先して技術を受け入れ、現状に合わせたメディアリテラシーを磨いているところはステキです。こんなトップが「必要だから、やれ!」と言ったら、部下はまず反論の余地なしですね。新しいメディアの感触をつかむには…四の五の言わず、自分で体感することですよ!

追記:asahi.comにも載ってますね。イラン抗議活動「ツイッター」で連携 米政府も「支援」
イラン大統領選をめぐる抗議活動の参加者らが「ツイッター」と呼ばれるウェブ上のコミュニケーションサービスを使って連絡をとり合っていたことが、米メディアなどで話題になっている。
メディアのカタチも常に変わりつつあるようです。
[PR]
by nekotekikaku | 2009-06-17 20:45 | @新聞屋
草なぎ君超速復帰のわけ
b0020765_13214877.jpgSMAP、5人全員で『ドラゴンクエストIX』CMに出演

草なぎ君超速復帰の訳はこれでしたか。いくらSMAPでも、さすがにドラクエは敵に回せなかったんですね。ワイヤレス通信機能で4人まで同時プレイ可能ということで、最悪復帰が間に合わなくても(!)何とかなった感はありますが、ここであえて全裸をネタにするのが勇者というものでしょう。

ちなみに「Dragon Quest Nine」の頭文字を取ると「DQN」…いいゲームを期待しています。

追記:どうやらDSドラクエ9、Wi-Fiでのオンライン協力プレイができないことが判明した模様。えええええ!でも確かにWifi対応=遠隔同時プレイとは公式サイトのどこにも書いてない様子。DS自体を持ち寄ってのワイヤレス通信プレイは可能です。まぁ、子供を持つ親的には安心な仕様になった訳ですが...。
[PR]
by nekotekikaku | 2009-06-16 11:41 | @日常屋
「危険な関係」は蜜の味
メディアと通販の「危険な関係」 | WIRED VISION

ですってよ。

「家庭をもってて幸せに包まれてヤるSEXよりも 不倫とかで背徳の思いに包まれて路地裏でヤったほうが濡れるっていうから 人間っていうのは恐ろしいものだよ」
by リリー・フランキー

危険だからこそ燃え上がる関係というのもありますが、そんな関係は「冷却期間をおく」「ヤメる」という選択肢もあるんですよ。とても勇気がいりますが(^^;)
[PR]
by nekotekikaku | 2009-06-15 22:16 | @新聞屋
恐怖を煽るプロモーション
b0020765_21343452.jpgWillcomが「THINK キッズ PROJECT」を6/17にスタート。以前は障害者と医療機関限定だったハートフルサポートを妊婦と小学生以下のいる家庭に拡充するもので、基本料が2900円→2200円に下がるらしいです。ありがとうございます。
 ウィルコムのPHSの特長である省電力性・低電磁波という「安心・安全性」や、高い音声品質という特性を活かし、妊娠中の方、小さなお子さまおよび小さなお子さまをお持ちのお母さま、お父さまに安心してケータイをご利用いただくために、「THINK キッズ PROJECT」として、新しいサービス・商品のプロモーション活動を開始いたします。

肝心の電磁波の影響って実際の所分かってないですが、病院でも先生はPHSの所が多いみたいですね。見舞客は判別不能につき全面禁止がデフォルトですが。ちなみに嫁のF703iと私のアドエスを比べると、SAR値で実に15倍!ガチでスピード&価格競争に持ち込まず、こういう恐怖を煽る、もとい消費者心理に訴求する、商品特性を生かしたプロモーションはアリですね。

ちなみに新聞は電磁波を一切出さない、有害サイトにも繋がらない、キッズに優しいメディアだよ☆
…というプロモーションもアリ?
[PR]
by nekotekikaku | 2009-06-10 21:36 | @日常屋