<   2009年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧
倉木麻衣&加藤ミリヤマイミクキャンペーンて
mixi内で○○とマイミクになろうキャンペーンが大々的に展開中。

流行に乗ろうと早速倉木麻衣加藤ミリヤにマイミクを申し込んだら、次の画面で「承認されました!」「メッセージが届いてます!」。どんだけ速攻レス=自動ロボットやねん。マイミク数も倉木麻衣で136280人、加藤ミリヤは299934人(加藤が人気?)って、もうひとりひとり「熱く“touch!”し」たり「mixiで交流でき」たり出来る数じゃないですね。なによりそこに本人はいないんですから、交流ではなく配布ですね。

その点佐賀出身の優木まおみは個人ベースでmixi日記を上げていったり、blogもvlogやったり。初期のmixi日記はもう見られませんが、ファンと励まし合いながら成長を喜び合う、非常に温かいコミュニケーションが取れていたのを記憶しています。生島事務所のプロモーションのうまさもあったのでしょうが、このように地道にファン層を拡げていった結果、一種の育成ゲームのような離れがたい親近感をファンに植え付け、今のブレークに繋がっています。

企業のPRがmixiなどのコミュニティツールを使ってことごとく失敗しているのは、この履き違えが原因なのかもしれません。その場に担当者がいて、相手に対する誠意を見せられるかどうか。企業という鎧を脱いで、人間として付き合うには相応の覚悟とリテラシーが必要になります。ことメディア企業は鎧が丈夫な分、いざ脱ぐのを恐れますし脱ぐのに時間もかかります。

技術はいくら進化しても、企業がいくら大きくなっても、最後に気持ちを伝えるのは人間の仕事。

だからこそ今後企業の広報担当は、優木まおみに学びましょう! ユーザーと一緒に育っていく企業という価値観を共有するためには、社内でリテラシー教育を拡充することが必要です。しかし、おっさんに新しい価値を植え付けるのはかなり無理めなので、使っている世代が広報戦略に直接参画するのが手っ取り早いのかも知れません。でないと、結局このマイミクキャンペーンのように折角のコミュニティがマスメディアになっちゃいますよ。

...というわけで優木まおみBlog(ひびの?)講習会を佐賀でやりたいんですが、いかがですか社長、もしくは知事(^^)
[PR]
by nekotekikaku | 2009-01-30 11:32 | @日常屋
OpenPNE3.0公開!
openpne3.0
オープンソースSNSの最新版「OpenPNE3.0」が公開されました。実にメジャーアップデートは2年9カ月ぶりだそうで、手嶋さんおめでとうございます!

新聞社が運営する地域SNS、佐賀新聞の「ひびの」、新潟日報の「アメカゴ」、紀伊民放の「みかん」もOpenPNEで運営されています。しかし全てがmixi風であればいいのではなくて各社各様の使い方があり、それに応じたカスタマイズがされています。今回のメジャーアップデートでは「プラットフォーム化」によりOpenPNE Plugin APIとOpenPNE Web API、OpenSocial APIによってプラグインとしてカスタマイズを実装出来るため、開発の容易さとともにアップデートによる不具合を気にする事が少なくなり、本流の新機能を積極的に活用出来るようになりそうです。

またOpenIDでのログインにも対応したことで、mixiやYahooのIDでひびのにログイン出来るとかの展開になると、ぐっと地域SNSが身近で使いやすいコミュニティインフラになりそうです。手嶋屋さんが提供予定のPayPalの決済アプリは、少額決済に疎い新聞社には案外使える機能になりそうな予感。これからますます楽しみです。
[PR]
by nekotekikaku | 2009-01-28 07:34 | @新聞屋
干し柿ケーキ「柿っぷ」が人気
b0020765_1462263.gif以前ヤング面の高校突撃隊という企画で紹介した高志館高校の「柿っぷ」が、「安全・安心加工品づくりアイデアコンテスト」に続き、また最優秀賞を取っていますね。紙面を作った者としては娘の成長を見るようで喜ばしいです。

■高志館高「干し柿ケーキ」最優秀 起業アイデア(本日のニュース)

■目指せモンドコレクション!「柿っぷ」が人気(高校突撃隊)

■高志館高「柿っぷ」など最優秀 加工品コンテスト(昨年9月のニュース)

さて、非常に興味は持ったんですが、これがどこで売ってていくらなのか、いつ販売開始なのか、全くもって製品情報がないので食べたくても食べられないのが新聞記事の悪いところ。ここで47CLUBが契約して「お買い求めはこちら」ボタンをつけるだけで、驚異的に売り上げが上がると思うんですけど。コンテンツを売らずに物販で稼ぐ、広告が売れない昨今この方向は必要ですが、その仕込みのためには編集と営業とメディア部署の緊密な情報交換が必須です。営業まかせではない全社挙げての取り組みが望まれます。
[PR]
by nekotekikaku | 2009-01-26 11:04 | @新聞屋
沖縄タイムスが夕刊廃止

夕刊を3月2日から廃止します - 沖縄タイムス


新聞の夕刊廃止の動きが加速しています。7月の秋田魁の発表を皮切りに、毎日(北海道)、南日本、夕刊紙の名古屋タイムス、そして沖縄タイムス。時事通信によれば、琉球新報も3月中に廃止する方向で調整中とのこと。どこも昨今の広告減少と紙代の高騰を理由にしていますが、本当はもっと手を付けるべき固定費(しかも一番デカイ)があるんじゃないですか? ま、うちは夕刊無いので。

では夕刊の役割とはなんだったのでしょうか。実は朝忙しいサラリーマンや学生は、宅配された新聞を夜帰宅後に読むことが多いのです。閲読時間帯(新聞協会調査)でも、朝刊平日の20時台の数字がグンと上がります。信頼できる情報は、家に帰ってじっくり読みたい、ならばここにターゲットを絞ったニッチな新聞開発、そんな可能性も夕刊にはあったはずなのですが。

各社紙面を朝刊に統合し、さらなる充実を図ると言っていますが、一度失われた物流は元には戻りません。編集上がりの経営陣が夕刊廃止後に打てる手は、人員削減と値上げしかないとも聞きます。もう一度読者の生活に沿うパッケージングと、他メディアに真似のできないコンテンツクオリティを手に入れる為に、苦しいいまこそ人材育成に力を入れてほしいものです。
[PR]
by nekotekikaku | 2009-01-22 20:19 | @新聞屋
「ぼくゴリラ」その後
先日「ぼくゴリラ ウホホイウッホ ウホホホホ ウッホホウッホ ウホホホホーイ」という「ぼくゴリラ」の短歌で高校生が市長賞を取った、との微笑ましい話題がありましたが。どうやら元ネタは「ピューと吹くジャガー」からのパクリでは?と言う見方が急浮上。

権利意識が薄い中高生が、アーティストの歌詞などをつい「インスパイア」しちゃうこの手の話はよく聞きますが、主要マンガ誌を欠かさずチェックしなくちゃいけない短歌選者って本当に大変ですね(棒読み
[PR]
by nekotekikaku | 2009-01-21 23:10 | @日常屋
NYTに富豪が出資
経営悪化のNYタイムズ紙/メキシコ実業家が融資:ジャンル別ニュース一覧 :佐賀新聞の情報コミュニティサイト ひびの

年末にホンダのF1買うの買わんの言ってた金持ちが、新聞社株買っちゃったという話。F1で年間500億円かけてスポンサードで間接的にPRするより、直接メディアに出資して発言権得た方が効率いいですね。総資産8兆円から見たら、たった225億円ぽっちですから、影響力に対してメディア企業って安過ぎますね。メディアの適正価格っていくらぐらいなんでしょう。

しかし頑張ってるNYTですらこの状態。アメリカの新聞業界は底が見えませんね。
[PR]
by nekotekikaku | 2009-01-21 12:58 | @新聞屋
楽天がPHSに参入
NIKKEI NET(日経ネット):主要ニュース-各分野の重要ニュースを掲載

WillcomからのMVNOで楽天がPHS事業に参入。ネット通販との連携を考えるといえば、真っ先に思い描くのは「日本版Kindle」。ブック型電子新聞はないだろー、と諦めていた節もありますが、楽天ならもしや!?と思わなくはないですね。さあどうする47CLUB。

もちろんWillcomユーザー的にも非常におもろい展開ですね。今まで以上に個性的な端末やサービスが出てくることを期待します。
[PR]
by nekotekikaku | 2009-01-20 18:15 | @新聞屋
おどろかれてる
地方新聞はどれくらいシェアをもってるのか | エキサイトニュース

各都道府県における新聞のシェア率を、exciteコネタ記者が見てびっくり!
ということは、普通は新聞=大手紙というイメージなんでしょうね。ほぼ大都市以外でシェアを伸ばせていない大手紙は、都市部の地方紙みたいなもんなんですけどね。

ここ最近の「没落ブーム」で新聞について語るとき、地方紙の視点が入ってないと感じることが多々あります。日本のほとんどの人が地方に生活していることを考えれば、その新聞観は「東京目線」であり、地元での新聞の見方や求められ方も大手紙のそれと少し違うわけです。
現代日本は、まさに、地域密着型の新聞が群雄割拠する、新聞戦国時代なのである。
まさにそのとおり。今後は都市部で食えなくなった大手紙が「都落ち」してくる可能性だってあるんですから。

モノの見方によっては、日本はまだまだ知らないことばかり。Something New! より Something Fresh! な視点を持ちたいですね。
[PR]
by nekotekikaku | 2009-01-19 11:23 | @新聞屋
新聞社の仕事?
【神隠し殺人初公判(1)】MSN産経ニュース

このあと【神隠し殺人初公判(20)】まで続きます。

正直気分悪いです。

畠山鈴香被告裁判から連綿と続く産経の法廷中継ですが、猟奇的な殺害方法や性的な偏向など、今回ばかりは被害者の尊厳を考えるとこのカタチがいいとは思えないんですよ。なにをオープンにし、フラットにするのか、そこにメディアの理性や品格があるべきですし、それをなくしたら興味本位の覗きとどう違うんですかね。

追記:この裁判は裁判員制度へ向けての「分かりやすさ」を追求する実験裁判だったようです。証拠品の骨や肉片、実況見分の写真などが傍聴席にも提示されたそうです。制度も辞退希望者が4割といいますし、裁判もエンタメ化しないよう、メディアリテラシーが問われそうです。
[PR]
by nekotekikaku | 2009-01-14 13:17 | @新聞屋
寒中見舞いと年賀状の極私的な眺め方
b0020765_17574445.gif
みなさん遅くなりましたが、寒中お見舞い申し上げます。

旧年中はいろいろとお世話になりました。
今年もすでにご挨拶が遅れるなどご迷惑おかけしっぱなしと思いますが、自分の好きなことを忠実にやっていきたいと思いますので、お付き合いのほどお願い申し上げます。

さて、ことしも年賀状をたくさん頂きありがとうございます。
発行枚数も2年連続増だったようで、紅白視聴率の下げ止まりといい、不況と相まって今年はおうち重視の正月だったのかもしれませんね。そんな個人最大のメディアである年賀状ですが、作る手間に対して見るのは一瞬というところも既存メディアと変わらないところ。100枚以上の年賀状に目を通す中で気づいた私の年賀状の極私的な眺め方は...

1)手描き重視
申し訳ないのですが、印刷部分はざっくりとしか読んでません。なので誤字脱字気にしません。宛名を手描きで書かれている方もいらっしゃいますが、名前を間違われるよりは差し込み印刷の方がありがたいです。

2)話題重視
この子大きくなったねー、など家族と話題にできないものはスルーの方向で。一番話題が盛り上がるのは本人の変貌ぶりですので、子どもだけでなく家族写真は大歓迎です。

3)期限重視
正月気分が短くなりつつある昨今、年賀状にもタイムリーさが求められます。4日以降着の年賀状は寒中見舞いでいいのでは。

総じてその嬉しさというのは、1通の年賀状に自分に対してどれだけの労力を費やしてくれて、それが私の家族にどれだけの価値をもたらしてくれるか、という「想い×効果」です。それが宛名が手描きかどうかの「時間×効果」や、金箔張りかキャラクターものかなどの「費用×効果」などにならないところが面白いですね。

届くかどうかから伝わるかどうかへ。伝わるかどうかから喜ばせるかどうかへ。

ネットや機械で手順は極力省けても、想いを伝えるのだけは人間の仕事と感じた年初めでした。新聞もスペース×効果だけではない価値を提供できるか、できているなら評価可能かという部分では、年賀状とさして変わることはないと思いますがいかがでしょう。
[PR]
by nekotekikaku | 2009-01-12 20:54 | このblogについて