「ほっ」と。キャンペーン
<   2007年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧
東京での足
b0020765_215969.jpg来週の東京行きで、行くべき所を当たってみると、だいたい半径5キロちょっとの中に収まってしまいました。これって苦手な地下鉄に乗リ継ぐよりも、向こうで折りたたみ自転車でも買った方がいいんじゃないかと思ったり。銀座の真ん中をチャリチャリこぐのって楽しそう。

早速調べてみると、6、7000円でも、良さげなものがありますね。でも店の前に留めてたら駐禁取られるんですかね?
[PR]
by nekotekikaku | 2007-02-27 21:55 | @新聞屋
さよならiPod
b0020765_12415622.jpgひびのワークアウトで酷使のせいか、バッテリーの持ちが悪くなってきたiPod Photoくん。バッテリー交換プログラムで交換してもらう事に。でも、このプログラムは使い慣れたiPod自体を交換する事になり、シリアルナンバーも変わるとのこと。さよならiPod Photoくん、こんにちはiPod Photoくん。

福山通運が早速次の日に、専用のハコを持って引き取りにきました。さすがAppleと感心していると、次の瞬間iPod Photoくんを

落としやがったよ。

床にゴーンって。勘弁してよー、これで動かなくなってたら福山通運のあんちゃんのせいだよ!
というわけで、1週間後に綺麗になって戻って来るiPod Photoくんを楽しみにしています。

追記:どうも診断の結果「修理の必要なし」と判断されたようです。現品が戻って来るとのメールが届きました。修理代の請求はどうなるんだろう??
[PR]
by nekotekikaku | 2007-02-26 12:52 | @デザイン屋
iPodはヤフオクで!?
Yahoo!オークション - ipodに新品iPodが大量投入されています。しかも結構割安な値段で。ま、終値はそこそこ高いんですが。

これらはソフトバンク携帯の『新スーパー割』のiPod併売オプションから。なんたって、iPod nano 2G月 400円(税抜381円) iPod Shuffle月 200円(税抜191円)の24回払い。新品iPodが5000円なら誰でも飛びつくでしょ。しかしソフトバンク携帯はすぐ解約しそう...あ、出来ないのか。学生なんかを使って組織的に入荷した臭いがプンプンします。ま、いいんですけどね。

でも、これって...って思われた方にはAppleの整備済製品をオススメします。iPod shuffle 512MBが4200円(送料込み)はなかなか魅力的だと思うのですが、さて。
[PR]
by nekotekikaku | 2007-02-25 10:59 | @デザイン屋
楽天からヤフオクからアマゾンからDSへ
私が買うマイナーな本やCDは地方ではなかなか手に入りづらく、ネットショップで買うばかりでしたが、最近は売る事も多くなりました。

理由のひとつは音楽を全てiTunes化した事。iPodで聞けばリッピングしたCDはもう開く事がありません。レンタルできる場合はそれでいいのですが、洋楽は1年レンタル禁止のしばりで聞きたい時に聞けませんので、ついお買い上げ。それをヤフオクで売っていたのですが、結構やり取りが煩雑かつ価格が不安定かつ面倒くさいので、最近はもっぱらAmazonのマーケットプライスを利用しています。固定の手数料を売り上げた時に支払えば、金額が自分で決められるので、レンタルをしたと考えた分を差し引いた額で出せば、私の場合必ず売れてます。決済もカンタン。これって、CDを媒介にした音楽データの合法的なシェアですよね。レンタル屋ではなくAmazonにレンタル料を払っているようなものと考えれば、レンタル屋さん崩壊の序章ですね。それ以前にCD産業の崩壊の方が先でしょうか。

以前はネットで商品を売ろうとする場合は、楽天などのモールに初期費用を払って店舗を出し、売上とは関係なく月額使用料を払って維持する必要がありました。ところが先のヤフオクやAmazonのように個別商品ごとに流通が出来るようになり、大きな初期投資なくネットで商品が売れるようになりました。さらに昨秋当たりから出始めたドロップシッピングに至っては、手元に商品を仕入れるリスクからも解放されてしまいました。日本ではアフィリエイト同様中間業者の商品構成から選んで売る形が大半ですが、海外ではドロップシッパー(売り手)が自ら製造業者に掛け合って商品開発し、店舗ごとの独自性を出しているようです。

今後は検索技術によってますますネットショップの売上は、大きなモールに入る事より商品力と企画力が重要になっていくでしょう。そして、そのようなサイトをまとめた「DS価格コム」のようなサイトが出来るはず。楽天などの大きなモールはそれに対してより一層、店舗へのマーケティングコンサルやモール自体のブランド力アップ、リコメンド機能の実装などに精力を注がなくては、ありきたりのサイトでは飽きられかねません。

個人のやれる事がネットのおかげで格段に広がるのを、最近肌で感じる今日このごろ。この構図はメディアに当てはめても同様で、その分オイシイ商売をして来たところにとっては、大変な時代になりましたね。
[PR]
by nekotekikaku | 2007-02-24 17:16 | @デザイン屋
キモッ でも気になるプロモーション
b0020765_1419926.jpg「お面」の石原良純さんが渋谷に集団出没−タウンページプロモで

なんだかきもい! でも気になるプロモーション。最近ロンドンバニーなど、この手のやつ流行ってますね。走りはgooの人メディア型コミュニケーションでしょうか。こういったOOH(屋外メディア)の台頭は、メディアコミュニケーションは何も4マス(+ネット)のためにある言葉じゃない、という警鐘に思えてなりません。

ただ、東京のように手すりや床まで広告に埋め尽くされた空間で、生活したいとはちっとも思いませんけどね。生活にマッチしたOOHのカタチってどんななんでしょうね。
[PR]
by nekotekikaku | 2007-02-23 14:18 | @新聞屋
東京でTokio!と叫んでみたい
b0020765_713056.jpgじゃなくてRydeenでしたね。KIRIN_キリンラガービールのCMにYMOが出ているのが、超感涙な訳です。実に14年ぶりの新譜、しかもiTunesで買えちゃうのが「時代は変わる」ですね。今でも持ってますよ、YMOの色付き「LP」やらを。

そんなわけで、3/6-8くらいで久しぶりに東京に行きます。夜遊び付き合ってくださる方募集中。いなければ押し掛けます(^^) その前に仕事片付けなくちゃー。
[PR]
by nekotekikaku | 2007-02-21 07:09 | @日常屋
デカイ話をしよう
デカイ話をしよう。
ロングテールは落ち穂拾いだから。
エンタープライズな仕事しかしない人にとっては、我慢ならないかもしれないけど。
だからこそデカイ話をしよう。
[PR]
by nekotekikaku | 2007-02-19 22:33
鍵は掛けよう
b0020765_20532725.jpg某所に設置されている、自転車のコインパーキングなるもの。この画像を見た皆さんお気づきだと思いますが、このパーキング「お金さえ入れれば施錠が外れて、持っていき放題」というクセ者です。意味合い的には某所の所場代以上でも以下でもありませんので、停められる皆さんは是非自前で施錠をしましょう。昔はそこに停めとくと漏れなく職員から千枚通しで穴開けられる、と言う噂話からすればマシになったとは言えるんですが。佐賀人は家に鍵は掛けないと言われてましたが、昨今は物騒です。お気をつけあれ。
[PR]
by nekotekikaku | 2007-02-18 20:56 | @日常屋
The Japanese Tradition -日本の形-
b0020765_1054443.jpg小島淳二(teevee graphics):Macによるショートフィルム制作のワークフローで、”Namikibashi”として監督・脚本した、「The Japanese Tradition -日本の形-」が紹介されています。

ラーメンズのDVDで既出の「DOGEZA(土下座)」「SUSHI(鮨)」の続編で、「箸」「折り紙」「お盆休み」「夏休み」「おにぎり」「お茶」「謝罪」「宴」「手締め」がHDで新作として3/2にDVD化。当然買うんですが、上記サイトでさわりだけ見る事が出来ます。

見てみて思うのは、字幕が少ない!あの説明臭さが笑いのツボだったのに。無礼講も「Bureiko」ではなく、Drink as equalsやAnything is safe、No problemとかじゃない?というか、字幕に笑わされてるだけの最近のお笑いブームもなんだかなぁ。
とはいえ3月にはラーメンズ全国公演もありますし、ファンにはホットな春になりそうです。あーFinal Cut Proほしー。
[PR]
by nekotekikaku | 2007-02-16 10:54 | @デザイン屋
KNN神田さん
世界でいちばん小さな放送局KNN主催、神田さんの講演が昨日ありました。
以前から気になる人ではあったのですが、改めてナマで話を聞いてみてオモロい人がいたもんだと。

Web2.0を軽やかに体現し、場合によっちゃ東京拘置所に入って獄中日記まで書くと言うバイタリティ。そのエネルギーの源は「自分が面白いことを作る」。デベロッパーから面白いと目される事を提供され、それを選択消費するだけが市民のできる事ではなく、求めるものが無いなら自分で作れるはずと言う気概。それを実践していく姿に、自分もやれるかも、いややりたい!という熱気がウイルスのように会場全体に感染していきました。非常にいい講演でした。

東京大阪に行かず佐賀でこんな講演が聴けるのも、ひとえにITブームのおかげ。ブームに踊らされた皆さん、ありがとうございました(^^)

ちなみに2部の真島さん、南治さんの県出身クリエーターによるトークショーは、なぜかコーディネーターのエイベック○の営業さんがしゃべりまくり。主役の2人に満足にしゃべらせない、話の途中で我田引水、最後は自分の番宣と最悪の司会ぶりにドン引き。熱病も一気に覚めていきました。あーあ。

なんでもオモロいものはうちらが提供しとんのじゃ!というのはメディアのおごりです。神田さんもテレビのプレゼンスはあと5年持たず、インターネットを映す箱になると言われていました。だからこそのCGM、だからこそのToutubeなのだと、いい意味で対比できた講演でした。別にエイベッ○ソやスクエア○ニックスが悪い訳じゃなくてね。
[PR]
by nekotekikaku | 2007-02-11 09:16 | @新聞屋