<   2006年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧
CanCam25周年
b0020765_14324524.jpgExcite優、もえ、蛯ちゃん…モデル大集合!
これは豪華な。流行語大賞にノミネートしなかったのが不思議なくらいの、今年はエビチャン人気でした。卑怯だよね、あの可愛さは。エビチャンルックの娘はいくらでも居るけど、絶対に越えられない人種の壁ってあるんだなぁと実感した一年でした。

来年3月7日に創刊される25歳以上の女性向けファッション誌「AneCan(姉キャン)」はすごく期待しています。モテやカワイイがもてはやされた女の人が、次にどんなステップを踏む(踏ませる?)のか、年齢的には下の押切もえがあえていくのも気になるところ。セクシー路線といえ、男に媚びるかたちで伸びてきた読者をどうつなげていくのか。女のマンション特集とか組み出したらヤだな。
[PR]
by nekotekikaku | 2006-11-30 14:46 | @日常屋
こんにちは、坂本龍一です。
b0020765_947113.jpg教授のメッセージが、昨日の佐賀新聞の広告に載っています。内容はプルサーマルの是非を問う県民投票のための署名を行いたい、というもの。プルサーマル・大事な事は住民投票で決めよう佐賀県民の会(ブログはこちら)が行っている署名活動ですが、いち県民として、どういう結果になるのか見てみたい気がします。先日社内に署名に回って来られたときはお断りしたのですが、多様な意見を遡上に上げる前に潰す事はなるべくならしない方がいいと思いますので、署名してみようかと思っています。決して教授のファンだから、な訳ではないはずです。

とはいえこの会の目的はプルサーマル計画の中止。わたしは今のところ反対、賛成どちらでもありません。このムーブメントによって議論が巻き起こってくる事、それによって人々の利害関係や本音が見えてくる事、そしてそれが県民に共有される事が財産になると考えています。それを清濁精査した上で、個々人が自分で判断すればいい。情報はなるべく公開し、フィルターの主導権は市民に。特定機関が一方的に押し付ける事は出来ないのが、ネット時代の情報の流れ方なんだと思います。
[PR]
by nekotekikaku | 2006-11-29 08:23 | @日常屋
休むために
明日から1週間休むために吐くほど働いています。

ご無沙汰している嫁の実家に挨拶に行きます。
そのついでに直島めぐってイサムノグチのアトリエをみる、アートな旅をしてきます。
足が伸ばせたら猪熊玄一郎美術館も久しぶりに行きたいですね。

でもこんな仕事キツいなら休みたくない...

追記:帰ってみると子どもが熱を出していて、予定が全部パー。
ヒマになったのでお好み焼きなど焼いてみました。明日は餃子でもつくるか。
[PR]
by nekotekikaku | 2006-11-24 23:28 | @新聞屋
作業
b0020765_22301378.jpg

佐賀駅に貼ってある高校生のモザイク作りの自由研究。透かしてみると「白」「赤」など貼る位置もパソコンで決められている様子。そもそもの原画もディザの感じから写真起こしのフォトショップなんじゃないの?生徒はただひたすら課題として作業をこなすだけ。いいんですよ、これのおかげでクラスの連帯意識が芽生えるとか、学級運営上の利点はあるのでしょう。でも「これが作りたい」という何かしらの衝動が感じられない作品は、目まいがするほど退屈です。
[PR]
by nekotekikaku | 2006-11-21 22:30
TEXT
メモメモ。どこかでお休みいただきます。

● ラーメンズ第16回公演『TEXT』
  作・演出;小林賢太郎
  出演;片桐仁/小林賢太郎
  料金;前売 5,000円・当日5,500円(全席指定・税込)
     未就学児童の入場不可
  前売発売;12月23日(土)
       お一人様1公演のみ4枚まで
  当日券;開演の1時間前より発売
  開場;開演の30分前
  企画制作;トゥインクル・コーポレーション 03-5468-0606

【東京公演】
【神戸公演】
【福岡公演】
 日程;2007年3月2日(金)〜7日(水)
 開演;
13:0014:0018:0019:00
2(金) ●
3(土)● ●
4(日)●
5(月) ●
6(火) ●
7(水) ●
 会場;西鉄ホール
    福岡市中央区天神2-11-3 ソラリアステージ6F
    西鉄福岡(天神)駅から徒歩1分
    地下鉄空港線 天神駅から徒歩3分
    地下鉄七隈線 天神南駅から徒歩3分
 前売発売所;
 西鉄ホール http://www.nishitetsu.co.jp/nnr/solaria/hall
 ローソンチケット 0570-084-008(Lコード:81868)
          ローソン・ダイエー(一部店舗を除く)
 チケットぴあ 0570-02-9966(Pコード:373-457)
        0570-02-9999(音声自動認識)
        ファミリーマート・サークルK・サンクス
        @電子チケットぴあ http://t.pia.co.jp/
 e+(イープラス) http://eplus.jp 
 提携;西鉄ホール(西鉄ムーブ93)
 お問合せ;西鉄ホール 092-734-1370
【東京公演】
【札幌公演】
[PR]
by nekotekikaku | 2006-11-18 19:20 | @日常屋
グーグル、ヤフー、MSが提携--ウェブインデックス作成機能を共通化
b0020765_17142677.jpgグーグル、ヤフー、MSが提携--ウェブインデックス作成機能を共通化へ
300億円の国策検索エンジンは大丈夫ですか? そのプロジェクト自体がグーグル八分になってませんか?
[PR]
by nekotekikaku | 2006-11-17 17:10 | @デザイン屋
ジャーナリスト宣言
b0020765_1213474.jpgジャーナリスト宣言。してた朝日新聞記者が談合事件で逮捕の業者から15万受け取ったというジャーナリスト告白。

15万...天下の朝日にしてみたら、フェリックスガム買う程度の額かもしれませんが、夏からビタ一文ボーナスが上がらない某弱小地方紙から見ると大金ですよ。出来ない約束だったら、こんな恥ずかしい宣言なんてしなきゃいいのに。

朝日新聞大阪本社といえば、かの御仁も居たような...まさかね。

追記:<朝日新聞>「ジャーナリスト宣言」の広告自粛 
元写真記者の記事盗用問題でキャンペーン自粛。そもそもその宣言以前はジャーナリストじゃなかったんだー、と言うツッコミは置いといて。
[PR]
by nekotekikaku | 2006-11-17 01:25 | @新聞屋
くみあい
だめだこりゃ

 
[PR]
by nekotekikaku | 2006-11-16 19:05 | @新聞屋
UNIQLO PAPER N°1
b0020765_2135070.jpgUNIQLO PAPER N°1はユニクロが出しているフリーペーパー。やっと手に入れました。

B4判100ページ。厚口上質紙、赤の糸とじ。新しいロゴ。ほぼ全て英語、ドル表記。そしてタダ。

あえて紙で。この表現で。ユニクロは日本を文化ごと輸出しようとしているのです。

B判にこだわるのも日本独自の規格だから。ラインもロゴも日の丸の赤、そしてユニクロの赤。ヲタクに代表される日本のポップカルチャーが海外に認知されるのに伴って、カタカナのロゴで佐藤可士和が世界に勝負をかける。意図が分からない向きは、UNIQLO PAPER TOKYOという解説書も。

入手はTSUTAYAで。SYNCHRO/FROM TOKYO TO NEW YORK compiled by FPMというNY店開店記念コンピが出ているからですが、Culture Convenience Clubの名の通り文化を手軽に手に入れるインフラとしての共通点があります。デジハリと組んでコンテンツ供給の立場に回ったのも記憶に新しいですね。

UNIQLO PAPERサイトは、雑誌をそのまま掲載し、クリックすると拡大・移動できる直感的なナビゲーション。本家UNIQLOは中村勇吾の幾何学生物のようなインターフェース。ともに日本のCoolを発信しています。

この一連のキャンペーンに、既存メディアがどれだけ関われているでしょうか。このフリーペーパーを誰かクライアントに提案しにいったでしょうか。ユーザーは既に既存メディアというインフラを介す事無くユニクロのブランド体験をしている事に、もっとメディアの広告担当の人間は危機感を募らせて欲しいのです。紙がネットに負けたのではなく、紙の可能性をネットの脅威にかこつけて自ら狭めているだけでは。それこそ次のメディアになりたがっているモノたちの思うツボです。ユーザーのライフスタイルに合わせた情報インフラとして、私たちに提案できる事はまだあるはずです。
[PR]
by nekotekikaku | 2006-11-16 03:12 | @デザイン屋
ラーメンズ
b0020765_2325553.jpgここ数ヶ月ラーメンズにどっぷりはまり切っています。TSUTAYAにあるものはあらかた見尽くし、今はYouTubeに載ってるCMなんかを追っています。そして最近AppleのGet a Macキャンペーンで、ラーメンズのMacとパソコンの掛け合いがテレビでヘビーローテーション中。2人で作る箱庭的ライブもそうですが、シンプルな間の中に人の日常に覗く悲哀が見えるラーメンズのコント。やっぱいいわ。

DVDを見ていると、小林賢太郎プロデュースによく出てくる芸人に、小学生時代の同級生を発見しました。一緒に「千葉、滋賀、佐賀!」って言ってるよ。伊丹十三ごっこをしていた小5のボクらは、文集に「役者になりたい」と一緒に書いたけど、彼だけ宣言通りになった訳だ。そういえば同級生とおぼしき名前が、深夜アニメのプロデューサーの名前で出ていた気がする。映像やりたいって言ってたよな、夢が叶ってよかったな。

そんな同級生たちが羨ましく感じるのは「若者はなぜ3年で辞めるのか? 」なんかを読んだせいでしょうか。若者に広がる労組離れも、結局は世代間格差への不信なので一致団結は無理。いくら働いても年金さえ当てに出来ない団塊Jr.世代、自分の来し方行く末を考えるにはいい機会な、入社11年目の読書の秋。皆さんいかがお過ごしですか。
[PR]
by nekotekikaku | 2006-11-14 03:08 | @デザイン屋