<   2005年 03月 ( 75 )   > この月の画像一覧
塗っちゃダメだよ:朝日新聞
b0020765_1215048.jpg文春広告の一部を黒塗り 「協力費」報道で朝日新聞営業職場的には自殺行為ですね。広告代理店が黒塗りしたとの事ですが、いったん当該広告を外して、出版関係の自社広告にするなどの対策はとれたのではないでしょうか。新聞社のメンツもあるでしょうが、お客さんが不快に思わない対応ができることが、大人の付き合いの第一歩です。これで部数を減らしたり、評判を下げたりするのは双方得策ではありません。言論をたてに抗論しても、困るのは往々にして現場の営業マンなのですから。
[PR]
by nekotekikaku | 2005-03-31 20:33 | @新聞屋
東京三菱銀行がブログを開始
b0020765_17222443.jpgネタ的に古くなる前に。Japan.internet.comの記事から東京三菱の中小・個人企業向けネットバンクサービス「BizSTATION」のブログがスタートしたと伝えている。Blogで新規契約獲得を狙うというが...

●プロモーション用HPとあまり変わらない
コメント、TBに対して何らモデレーターが反応を返していない。詳しくはこちらへって「分からなかったら辞書を引け」と言わんばかり。苦情の大半は実際サービスを利用されているお客からのものだろうに、具体的にどの部分をどう改修する予定なのか示すべきでは。カナロコの対応の早さを見習って欲しい。
●機械的閲覧制約が多い
OSやブラウザの制限があるようだ、私(MacOS10.3.8+safari1.2.4)は見られているけど。汎用性に優れたblog(ベースはMovable Type)を使っているのにもったいない。
●BizSTATION自体?のようだ
契約内容の問題だろうが、納税が出来ない、利用料が高い、24時間対応ではない、ケータイアプリバンキングない、Pay-easy(ペイジ—)が利用できないなどの声が上げられている。サービス自体が微妙という事か。
●時限ブログの意味は
開設期間は5月29日までと構築を担当した(株)カレンのプレスリリース(PDF)では伝えているが、銀行本体システムの改修には相応の手間と資金がいるはず。これらの問題の対応に果たして5月29日までに間に合うのか。むしろ問題が片付かないうちに一方的に閉鎖するなら、利用者からは何もしなかったとき以上の反発を買うだろう。継続的に顧客を増やしたいのなら常駐も視野に入れていいのでは。

とはいえスタートしてまだ3日。モデレーターもまだ堅い感じだし(BizSTATIONのすべてを知り尽くす男。という説明も堅い)、まだまだ始まったばかり。大銀行がどのようにこなれてくるか、しばし見届けたいと思っている。残念ながら東京三菱銀行とはお付き合いはないのだが。

お詫び:この記事中にウィンドウ操作に関してJavaScriptを使いユーザビリティが悪いとの表現がありましたが、Scriptは別の部分用に使われており操作に関連がないものでした。関係者の肩にご迷惑をおかけした事をお詫びするとともに、今後こういった事のない様に努めていくつもりでございます。お詫びと修正をさせていただきます。
追記:実は即日修正されていたのだそうです。折角ですのでこのままにしておきます。
[PR]
by nekotekikaku | 2005-03-31 17:21 | @デザイン屋
今度は3色そろって。
b0020765_10371981.gif中国は何でこんなに愉快なんだろう。iPod Shuffleの新たなそっくりさんSuper Tangentは3色そろって新登場。しかもボイスメモまで取れるそうな。どこかで本家と3種類並べて売ってくれないかなぁ。
[PR]
by nekotekikaku | 2005-03-31 10:36
Googleのトップ画像がゴッホ風味に
b0020765_9522689.jpgご存知Googleのトップ画像がゴッホ風味に変わっています。以前も世界女性デーの時に○+(女性マーク)入りのロゴを使用したり、DNA発見50周年でロゴが螺旋になったりと、Googleの特別ロゴコレクションは見ているだけでその日の意味を喚起する試みとして面白いですね。

ちなみに3月30日は画家ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの誕生日です。せっかくですのでこちらで彼の生涯を学んでみませんか。
[PR]
by nekotekikaku | 2005-03-31 09:54 | @デザイン屋
カナロコ4月1日に公開断念
業界内で何かと話題のカナロコが編集部・スタッフブログで4月1日に公開開始を目指していたが、実施を延期するとの旨を発表しています。開始時期は未定ながら試験運用として以下のガイドラインを作っています。
1、ニュースブログの閲覧は、だれでも可能
2、ニュースブログへのコメントは、会員のみ可能
3、ニュースブログへのトラックバックは、だれでも可能

※コメント、トラックバックできるニュースは、神奈川新聞社の基準により、一部となります。
※カナガワ事件簿へのコメント、トラックバックはできません。
※ニュースブログ(ローカルニュース、スポーツニュース)以外のブログへのコメント、トラックバックは従来通り、だれでも可能です。

なお、弊社のブログに「会員のみコメントが可能」となる機能がまだ実装されていません。そのため、当分の間、試験期間として、神奈川新聞社が許可する一部の記事に対してのみ、 すべての訪問者に対し、 コメント・トラックバックを公開します。
って大丈夫?って心配してしまいます。編集部の皆さんの苦労は行間から感じ取れますが、会員制にするメリットだったはずのコメント管理などが逆に大変になるのではないかと危惧しています。読者の皆さんの良心で危惧に終わるに越した事はないのですが、無理しすぎないよう継続されてください。

追記:早速向こうのコメントに返事が来ていました。相変わらず素早い対応に頭が下がります。
[PR]
by nekotekikaku | 2005-03-30 15:01 | @新聞屋
スカイプキャスト
「スカイプ+ポッドキャスト=スカイプキャスト」--新たなブレイクの兆し - CNET Japanそうですか。これを音楽業界のお偉方&MSNが見ないのを祈るばかりです。iTMSいつになることやら。新たな思索もないので、とりあえずこの項了。
[PR]
by nekotekikaku | 2005-03-30 14:39
サニーちゃんはこんな顔
b0020765_1405053.jpgスゴ〜く前のエントリで日産サニーのキャラクター「サニーちゃん」の話を書いていたのですが、ポットさんから「うちにキャンディーケースがあるよ」との情報をいただき、初めて会う事が出来ました。ポットさんわざわざ写真まで撮っていただいてありがとうございます!
これを見ると結構似顔絵があたっているのが分かります。おなかの星はドロンパと混じったか?うちの嫁さんデスラーが最後どうなったかとか、割とどうでもいい記憶は確かなようです。よくマヨネーズ買い忘れてますが。
b0020765_1461068.jpgポットには別の表情もあり、結構今でもいけそうな感じです。こんな風に新しい人と出会いが生まれるのがブログをやっててよかったなと思う所です。ちょっと幸せな出来事でした。
[PR]
by nekotekikaku | 2005-03-30 14:12 | @日常屋
1分充電電池で変わる生活
いつものネタもとCNET Japanより東芝、新型電池を開発
高いエネルギー密度を持つ(すなわち小型化できる)1分間で80%充電可能(時間単価を上げられる)このリチウム電池は量産すれば生活やビジネスを一変させるかもしれません。

街角ケータイ充電器も普及してきましたが、金庫の様な所に30分ほっておかなくてはなりませんでした。わずか1分ならタッチ&ゴーで行けるため回転率が上がり、結果的に安く電力を提供できる。インターフェースの統一さえ図られればiPodやノートブックなどの携帯端末は、毎朝の充電の気兼ねなしに町に持っていける様になりそうです。普及が加速すれば充電ビジネスが流行るのでは。それは電気自動車にしても一緒で、従来一晩充電していたのが、ここまで充電が早いと十分実用になるのではないでしょうか。

何より充放電1000回で容量低下は1%! 携帯を手放すきっかけとなる電池の消耗をこれだけ改善してしまうと、飽和して来たこれまでの端末機能主導のケータイビジネス自体が成り立たなくなってしまうかもしれません。こんな技術革新がいいものを長く使う意識の芽生えとしてとらえられる様になると、大量生産大量消費の自転車操業文化から抜け出すきっかけになればいいな、ともったいないお化けで育った世代として思います。黒電話携帯のときにも書きましたが、モンブラン製の携帯とかって使ってみたいと思いませんか。
[PR]
by nekotekikaku | 2005-03-30 10:44 | @デザイン屋
献血と牛丼のDB化
b0020765_22521825.jpg今日献血をしてきた。気がつけば13回目だそうで、それを知ったのはPHS経由で繋がっている献血センターDBに私の名前が残っていたから。そういえば献血手帳ってのをつくった記憶がある。「住所変更しておきますね」ってそれって滅茶苦茶個人情報じゃん。っていうか、ゲンブツで血液鑑定とかDNA鑑定とか出来ちゃうじゃん。「指紋捕らせてください」ってのより使い方によっちゃタチ悪いんじゃないの?問診票の質問事項も以前よりもめんどくさくなったようだ。

まぁそれには訳があって、知られた話ではエイズ検査代わりに献血を受けにくる人の増加と各種肝炎対策、そして今一番ホットな狂牛病対策だ。問診票のチェック項目が増えたのは主にそんな理由で、外国の渡航歴をしつこく効く様になった事が原因らしい。とくに英国渡航者に関しては、なんと延べ1カ月以上滞在しただけで献血はご遠慮いただいているのだそうだ。その他アイルランド・イタリア・オランダ・スイス・スペイン・ドイツ・フランス・ベルギー・ポルトガルは通算6カ月。米国が入ってないのはご愛嬌?それ用に特別にチラシなんかも作っていたようで、かなりの危機感を感じているようだ。担当者に聞いた話では、そのような予防線を張っていても献血の数割程度が使用出来ないで廃棄されるというのだから、原因がそれだけでないにせよ実態はかなり病んでいるではないのか。

そんなときにExciteニュース米国産牛肉の輸入再開訴え 牛丼ファンが署名提出なんて記事を見たもんだから、一言いいたくなったわけで。20カ月以下の子牛は検査が出来ないだけで、危険性が高い事に変わりはないのでは?全頭検査すれば安全かは分からないが、今の時点では怪しいものが市場に出回らないだけ少なくとも安心感を買う事は出来る。そうでなければ危険部位の除去(誰かが言ってたな)くらいしてくれよ。米国産かどうかなんて金箔の「和牛」シール貼られたら私的には分からないから。だいたいそこまでしてあの牛丼食いたいか?マスコミに釣られてないか?(^^)

担当の兄ちゃんにその話を振ると、困った様に「今後はますます検査や問診を細分化せざるを得ないでしょうね」との事。きっと、「6カ月以内に●●屋の牛丼食べましたか?」とか聞かれ、それがDBに蓄積されていく日も近いのでは。そもそもそのDBの安全性は大丈夫か。●●屋のみならずライバルの○○軒や××亭が覗いてしまったら、6カ月半ごとに「献血した後はスタミナつけよう!」とDMを打ちまくるだろう、とバカな世の中を憂いてみたりする。マジで大丈夫ですかね?

追記:BSE関係はこちらが詳しい
BSE&食と感染症 つぶやきブログ
皆さんはどのように考えて牛丼を食べますか? 私は地元の牛肉しか怖くて買えません。だって目の前に育ててる人、さばいてる人が居ますのでその人を信用するだけでいいのは安心です。佐賀牛も地元なら切り落とし100グラム180円ですから、極上の牛丼は家で食べるに限ります。
[PR]
by nekotekikaku | 2005-03-29 22:43 | @日常屋
「霞が関半生記」出版パニック
b0020765_21202174.jpg先々週発刊になった古川貞二郎氏の著書「霞が関半生記」。かつてないくらいもの凄い反響らしいのです。つい先日団藤さん所属の某大手紙に記事が載ってからというもの、出版部長が目を回すくらいで、ファックスも電話もひっきりなし。このサイトのエントリにすら相当数のアクセスがあっています、というかオフィシャルな情報がまだホームページに上がっていないので、検索で引っかかるらしいのですが、改めて全官房副長官の威力を見せつけられた形です。ご本人は至ってふつーなんですけどね。たまには猫手もこんなところで仕事をしているのです...。

というわけでおしらせです。3/26付佐賀新聞総合1面から
 佐賀新聞社は、前内閣官房副長官、古川貞二郎さんの『霞が関半生記』を出版しました。昨年6月から12月まで佐賀新聞に連載した聞き書きシリーズの単行本化です。佐賀での生い立ちから厚生省(現厚生労働省)での役人生活、官僚トップの内閣官房副長官として5人の総理を支えた半生がつづられています。
 A5判、236�、定価1800円(税込み)。県内の主要書店、佐賀新聞販売店、佐賀新聞社営業局・出版(電話0952・28・2152)で扱っています。
乗りかかった舟ですので、私のメール(infonekote@yahoo.co.jp)にお問い合わせいただいても結構です。折り返し担当よりご連絡差し上げます。

追記:サンスポにも掲載されたようです。見た事ないんですが、サンスポ。
[PR]
by nekotekikaku | 2005-03-29 21:35 | @新聞屋