「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:@日常屋( 408 )
阪神優勝!
巨人に4タテで日本シリーズ進出とか、これ以上は望めない勝ち方。
生きてるうちに見られてよかった〜(^^)
b0020765_00510550.jpg


[PR]
by nekotekikaku | 2014-10-19 00:47 | @日常屋
MICHELIN PILOT ROAD4
Michelin Pilot Road4のプロモ動画の中に、主要6社のバイクのタイヤのブレーキ性能比較テストが盛り込まれています。
Michelin Pilot Road 4 Sicurezza e guida sul bagnato

今うちの油冷GSX-R750Lに履いているPilot Road4は、以前のBridgestone S20を履いていました。グリップ感はS20よりサラリとしていますが、確かに雨天時には比較にならないほどの頼もしさを感じます。普段通りの乗り方で滑る気がしないw

しかし比較広告は公正取引委でも禁止されていませんが、いまいち成功例が出ないあたり、やはり日本の風土に合わないんでしょうか。しかしこのような性能についての比較テストなどは、積極的に開示してもらう事で消費者としても選択の目安になりますので是非お願いしたいところ。この動画も買う前に見ておきたかったと思いますしね。
[PR]
by nekotekikaku | 2014-04-18 11:41 | @日常屋
Socialはフロー、Blogはストック
と言う事でまた再評価されつつあるBlog。
なにか溜まったらまた書きますねー
[PR]
by nekotekikaku | 2011-12-05 11:46 | @日常屋
まんべくん死去 8歳
炎上商法により焼死、とのこと。相変わらずkyoto-npと見間違う虚構新聞は、情報とネタのバランスが素晴らしいですね。

■過激な毒舌に定評、まんべくん死去 8歳:虚構新聞

書き込み自体をエム社というところに外注していた様で、使用許諾権を禁止し、まんべくんツイッターは中止とのことですが、外注=丸投げ=責任転嫁になっている組織構造に問題はないでしょうか。少なくとも長万部町長のコメントに当事者意識があるようには見えません。ネットコミュニケーション=面倒くさいことと捉える行政、そこで貧困ビジネスを行うネットコンサル、その蜜月が生んだ悲劇でしょうか。まんべくんというキャラクターに罪はありません。

そして、削除となればこれまでのフォロワーとのコミュニケーションが全てなくなってしまいます。都合が悪くなると消す、逃げるというのが一番悪い対応ではないかと経験上思うのですが。最近共同通信のてくにゃんや、佐賀県知事のツイッターなど、オープンなイメージをうたいつつ、一方的にコミュニケーションを切ってしまう「あーあ」と思う事例が続いています。そんな中で、8月からの武雄市HPのfacebook化はどうなのか、うちの記者がその功罪については取材しているみたいですので、近々Life面あたりに載るかもしれません。

佐賀新聞でもひびのというSNSを運営していますが、輪転機を地元に据えている「逃げない」メディアだからこそ、責任をもって地域コミュニケーションの橋渡しが出来ることもあるのではと思っています。運営者は大変みたいですけど、ぺーぱくんともども頑張ってね。
[PR]
by nekotekikaku | 2011-08-17 11:16 | @日常屋
さんをつけろよデコ助野郎
というのは、大友克洋原作・監督の劇場アニメ映画版「AKIRA」のセリフ。
ニコニコ大百科にも「さんをつけろよデコ助野郎」の項目があるくらい、その世代には有名ですね。

で、一昨日天皇にコメントされたさかなクンですが、NHKのTwitterに同じ台詞を言った人が結構おり、しかもNHKが直接その人に謝罪したのだとか。
「さかなクンさん」と呼ばず失礼しました NHKが「ツイッター」で謝罪(J-CAST)

さらにそのことを、作家の城島明彦さんが自身のブログで批判して炎上。コメントが1万件以上寄せられ、コメント欄を閉鎖してしまいました。
「さかなクン」に「さんをつけろ」という近頃の若者の日本語感覚の異常さと、それを認めたNHKのバカさ加減
「さかなクンさん」は〝ネタ〟、目くじらを立てるなという批判が大量にあった

このような炎上を毎回見ますが、マスメディア、作家さん、ネット住民のそれぞれに、共通の常識が醸成されていないのが原因なんでしょうね。

NHK:メディアにネット感覚がないと言われて久しいのですが、ネットで広報展開するならその文脈も汲むべきですよね。さらにネット世代の中でも年代によって、伝わるネタや参加意識が違って来ているのを感じます。
作家さん:当座の原稿料をくれる雑誌が衰退する中、自分がメディアとなりブランディングして行かなくてはコンテンツも資金も流通して行きません。電子書籍元年と言われる昨今ですが、ツールに即したコミュニケーションがなくては、ブツが売れなくなるでしょう。
ネットの方々:逆に一般の方に分かる文脈と手法を取り、実質権限を持つ世代に上手くブランディングしないと、実社会では影響力は行使出来ません。先日参加したセミナーで佐賀をもの凄くバカにする方がいらっしゃいましたが、ネット中継ではウケが取れても佐賀で講演される際は夜道に気をつけた方が...冗談ですけどね。

それぞれの立場や文化を分かった上で、それぞれに分かる文脈で複数のソースを提供する事。ユーザーを参加させること。そしてそれらを調査、取材、編集し、こうしたらうまくいくんじゃないの?という常識的視点を提供し、その後のコミュニケーションの場を提供する、場合によっては情報発信の教育も行う、それがこれからのマスメディアのありようだと思います。ツールが変わっても人を繋ぐというレゾンデートルは変わらないはずです。しかし、作るものや働き方は変わっていくべきなのでしょうね。

それを既存メディアがやらなければ誰かがやる、それだけのことです。

でも、こんなエントリ上げてる時点で、自分が一番釣られているという敗北感。
さかなクンネタだけに仕方ないですね(^^)
[PR]
by nekotekikaku | 2010-12-26 10:09 | @日常屋
55円のカップ麺
b0020765_1621520.jpg先日近所にオープンしたTRIALの売りである、55円カップラーメン3種類を週末に食べました。

評価:しょうゆ、カレー、シーフードとも、スープが薄くて塩辛い。量少なめ。
結論:これなら88円のTopValuにするかな。

何事にも限界価格があると思い知った次第です。

その一方で2軒先のセブンイレブンでは、日清の同サイズのカップ麺が176円で売っています。

その多様な選択の自由、そしてリスクのオープン化がされているというのは、
生活が豊かだという事なんでしょうね。コモディティ万歳!

ニュースも同様にネットのおかげで色々選べるようになったのは、
やはり生活が豊かになったという事なんでしょうね。

で、新聞はどこを狙うかという事なんですが、さて。

※佐賀の麺ブロガーひしわんこさんがやっている「さがの日々」では、各種カップ麺のレビューが掲載されています。
[PR]
by nekotekikaku | 2010-02-15 11:36 | @日常屋
新年のご挨拶
新年あけましておめでとうございます。
旧年中は何かとお世話になりました。
今年もかわらぬご愛顧のほどよろしくお願いします。

今年は夏までの組合の諸活動、新聞研究活動などを
できるだけ手を抜かずやっていこうと思います。
そして会社の設備投資がいい方向に流れるように目を配り
働きがいのある職場作りの道筋がつけば最高です。
それらに道筋がつき一段落したら、より多くの時間を
子供の学校活動や地域活動に割ければと考えています。

しかしそれらは当たり前のこと。
なので特別な抱負はありません。何も誓いません。
なるべく丁寧に生きることを目標にしていければ。

どうぞよろしくおねがいします。
[PR]
by nekotekikaku | 2010-01-06 06:32 | @日常屋
カールじいさんの空飛ぶ家
何かと話題の「カールじいさんの空飛ぶ家」の3D版を、クリスマスプレゼントとして子どもと見てきました。
結論。子どもも大人も大満足です。ハズレなし!

笑わせどころ、泣かせどころを心得た作りは、さすがピクサー。
お客さんを含めて映画館全体が、こんなに感情豊かに揺れていたのを初めて見ました。日本人って映画で笑わないもんですが、案外少なかった子ども連れでも安心して大笑いさせられました。後半は3Dを見せつける「コナン」「ラピュタ」ばりの冒険活劇には、子どもともども思わずのけぞっていました。ちょっと前寄りに座って、目の前を画面いっぱいにした方が楽しめますよ。

一方大人は、はなから泣かされっぱなし。
おまけで流れたショートフィルムで不覚にもホロリ。そして最初の10分の追想でドバーッ。しんみり後を引かせる演出はさすが。「年寄りも頑張ってるよ。で、若いもんはどうすんだい?」とじいさんの問いにハッとさせられます。涙で曇る&案外汚れてる3Dメガネを拭くためにも、ハンカチは必須です。

ネットのレビューが厳しいのは、宣伝のあざといのと、映画ファンという人たちの見方が先鋭化し過ぎているから、そして野村監督嫌いな人が居るからでは。うちは映画は1年に1度だけなので、たぶんDVDが出たらまた見ちゃうでしょうね。こういう3Dを意識した佳作が増えれば、先ほど固まったBlu-ray 3D規格も普及していくでしょうし、それは残念ながらディズニーなしでは進まないと思います。
[PR]
by nekotekikaku | 2009-12-20 11:07 | @日常屋
「選挙」がおもしろい
b0020765_2045217.jpg週末の佐賀市長・市議会議員選挙で、市内は街宣カーだらけです。出勤時には隊列を組んでノロノロ運転をする候補の車がずらり。これがヤンキーなら補導されるレベルの騒音&通行妨害ですが、なぜ取り締まられないのでしょう。

そのなぜに答えてくれた、その名も「選挙」という映画がありました。
川崎市議会議員補選に出馬した落下傘候補を、いかに組織総動員で当選させたかに密着したドキュメントですが、その密着度とバカバカしさがハンバないのです。

プロのスタッフに怒鳴りつけられ言われるまま頭を下げ続ける候補、誰も足を止めない駅前の辻立ち、老人しか居ない講演会、仕事辞めて子を作れと言われ続ける妻の愚痴...。普通の人が担ぎ出され選挙という渦の中で翻弄される悲哀、そして日本の選挙の滑稽さが、演出の少ない映像から滲み出て来ます。誰が立っても組織の下駄を履いて当選出来るのですね。その候補も1年後の市議選では公認を得られず、不出馬となったそうです。

誰得?

それから4年、そんな与党が大敗、政権交代し、投票すれば良くも悪くも時代が変わることを、私たちは実感しました。間接民主主義では社会に意思を伝える一番の手段は、残念ですがやはり「選挙」です。私は小城市民ですので選挙権はありませんが、一人でも多くの冷静な意見が反映される事を期待しています。

参考
佐賀市長・市議選特集(佐賀新聞 ひびのニュース)
映画「選挙」オフィシャルサイト
[PR]
by nekotekikaku | 2009-10-15 20:13 | @日常屋
ビバ☆ヒウィッヒヒー
b0020765_19199.jpgシンガーソングライターの広瀬香美さん(@kohmi)が、twitterを使い始めて2週間でイメージソング「ビバ☆ヒウィッヒヒー」という曲を作って、ブログで公開しました。これのおかげでブログサーバーが落ち、それを親友の勝間和代さん(kazuyo_k)が救うなど、今日一日何かと話題を集めました。なぜヒウィッヒヒーなのかというと、広瀬さんがtwitterの「t」を「ヒ」と見間違って日本語まじりで読んでしまったから。

ここ1カ月程twitterを集中的に使ってみていたので、この曲が出来上がるまでの2週間はとにかくおもしろかった。勝間さんがメキメキtwitterを使いこなす一方、広瀬さんが天然をかましながら勝間さんやユーザーに使い方を教わる図がほのぼのしていて和むのです。そこに連載メディアである毎日jpが指南役として絡み、トータルで広瀬香美周辺のいいプロモーションになっています。楽曲の公開の仕方も無料でフルコーラスを聞かせ、歌詞も全部ブログに載せるというオープンなスタイルで、これも意識の高いネットユーザーに好感される所となりました。ネットの常識をはき違えて、残念な絡み方をした人もいましたが...。

こうして実際出来上がった曲は、当然ながらプロクオリティ。だけどこれは「みんなで」作ったものだという事を広瀬さんは強調します。twitterを使うことから始まるプロセスを共有する事でファンの共感を呼び、出来上がった寄り代となるコンテンツの質が高いからそれがクチコミとなって伝播します。最近では芸能人ブログ×商品紹介がもてはやされますが、その中身の文章は所詮素人のそれ。いくら素人がマッシュアップした所で、クオリティで言えばトップアーティストの入り口にしかたどり着けないのです。なのにわずか2週間でフォローするだけで、こんなリアルサクセスストーリーの共作・共演者になれたような満足感、悪い気しませんよね。誰の仕掛けか(カツマー?)は分かりませんが、プロがプロの仕事をする事を人々が尊敬できる、そんなコミュニケーションデザインに非常に好感を持ちます。

情報の出し先が増える程度に考えていると、プロであっても新しいメディアとの付き合い方は一生見えないでしょう。そのメディアに応じたコミュニケーションの形ってあると思います。少なくとも広瀬さんは、この2週間でかなり今までと違う層のファンを増やしたはず。今年の夏は全国の海岸で「ヒウィッヒヒー☆ビバ!」と歌い踊るおっさんを見かける事が出来るでしょう。
[PR]
by nekotekikaku | 2009-08-08 01:03 | @日常屋