カテゴリ:@新聞屋( 440 )
コンピとiPod
昼休みに雑誌を斜め読みしていると、「最近コンピレーションアルバムが人気」との見出しが出ていました。懐かし系のポップスをかき集めて1枚のCDにおさめ、30~40代以上の方が買っていくのだそうだ。確かにお得で聞きなじんだ曲ばかり。そういえば最近の車のCMは80年代の曲が多くないですか? デビットボウイなんかは今の若いもん(おっさんっぽい?)にはビートルズ級にクラシックなんだろうけれど、私にとっちゃ超現役バリバリの青春時代の曲です。当時深夜にベストヒットUSAやMTVジャパン、ローカルなところではNightJackFukuoka などを食い入るように見ていた、そんな世代が主役です。この人たちはLPもしくはCDで音楽を買うことが普通ですので、売り上げ枚数に非常に貢献してくれるといいます。
しかし、今のはやりはiPod。クリスマスに欲しいものランキングの「金」「車」「服」を除いたナンバーワンだそうで、実は私も欲しい。無料ソフトのiTunesをダウンロードすればCDから簡単に音楽をリッピング(データとして保存)でき、数千曲の音楽をタバコの箱サイズのiPodに入れて持ち歩けるのです。さらに海外ではオンラインで1曲99セントで買えるのですから、CDという音楽の「入れ物」は買う必要はないのです。auの着うたフルで携帯電話でも音楽が聴けるようになってきています。20代以下の若者はそんなの当たり前なのでしょうが、私なんかはdocomoのSO502WMを使っていましたが、テープもディスクも回ってないのに音楽が鳴ることに、かなりの抵抗感を覚えたものです。音楽が情報コンテンツとして流通し、それを人々が受け入れる素地が出来始めたことに危機感を抱いています。
新聞という媒体も、印刷で紙に情報コンテンツを乗せ、配達員さんが流通させるというパッケージを売る商売です。インターネットの成熟期に、コンテンツを売るためにAsahi.comなど大手新聞社が盛んに有料ニュース会員制を打ち出しましたが、ことごとく会員激減を招きました。たかだか数百円のものですが、人々はそのようなコンテンツには払わなかったのです。なぜ? それは人々は私有できるものにはお金を払うけれど、共有物にはお金を払わないからです。着メロやアバターには際限なくパケ代をつっこむのにニュースにお金を払わないのは、ひとえにその情報は「自分だけのもの」にならないからです。
インターネットコミュニティといっても、参加している人はほとんど自分に近しい人ばかりの小さなコミュニティです。その小さな中での些細な差異を求めて、人々はコンテンツを私有しようとします。人より早く仕入れた着メロ、クリスマス限定アバター、そういうものを持つことで自分らしさを演出しつつ、自分を確認するのでしょうか。そんななか必要な情報は、みんなが知ってる世界の出来事ではなく、身近な隠れ家的うまい店だったりするのです。それは自分だけに「こっそり」知らせてくれなくては意味がないのです。だって、朝学校に行って友達に自慢できないじゃないですか、みんなが知っていたら。
公共のパッケージより私的コンテンツにお金を払うことにしだした人たちに、私たち新聞屋さんは何を売っていけばいいのでしょうか。非常に悩むところです。やっぱりぺーぱくんぬいぐるみ、ですかね。

今日までの体重83.2kg 飲み会の割にほとんど1週間増減なしでした。
焼酎は太らないって本当かもしれません。
[PR]
by nekotekikaku | 2004-10-15 20:53 | @新聞屋
いまさらえびボクサーを見た
世間からずいぶん遅くなってしまいましたが、昨夜初めてえびボクサーを見ました。だいたいB級映画として各種評論で扱われていたのですが、こん限りB級路線まっしぐら。えびはしょぼくて全然DVDタイトルの表紙の方がいけてるし、むしろそれに惹かれて借りたようなものだったのでちっとも期待通りではありませんでした。でも、全体に流れるほの暗いあきらめにも似ただるい雰囲気はイギリス映画ならでは。ハイライト(イギリスにはないけど)を吸ってそうな労働者が、人生の一発逆転をねらってひと博打打つくだりなんかは、フルモンティやブラスなんかに通じるイギリス映画の王道そのもので、大好きなんですねこんな雰囲気が。労働者が日々の現実に疲弊しながらも、自分の人生に輝きを見いだそうともがく。そんな風景にロバートカーライル(今回出てませんが)がすっとはまるんですね。きれいにスマートには生きられないけど人間臭さが感じられるじゃないですか。
よく会社では「金をかけずにボロ儲けしろ」と会議で言われていますが、そんな和牛商法(古いですか?)じゃないんですから、足で稼いだ分無駄に研究した分しか儲からないですよ。2.3年儲けるにはアイデア勝負でいいのですが、20年〜のスパンになると営業、流通、製造、決済の流れを維持させなくてはいけません。そのためには、やはり泥臭〜い営業活動が労働が待ってる訳ですね。スマートなやつを支えてるのはその何十倍もの人間臭〜い労働者なのですから。そんな一労働者として明日も頑張る元気をもらえる映画でした。
ここまで書いて、果たしてこの映画のプロモーション活動はどうなっているんだろうと思いますね。オフィシャルサイトには、クールなえびグッズが大量に販売され人気を呼んでいたようです。きっと「えびT」を着てクラブに行って女の子に「きもかわいい」とちょっと話題になる感じを狙ってるんでしょうが、そんな映画か?というのが素朴な疑問。本筋と全く関係ない記号としてえびがフィーチャーされているだけのようなで、自分もこんなクリエイティブをしてるのではないかと、広報にも関わる人間としては非常につらい感じを受けました。多分非常に盛り上がり戦略自体は成功したのでしょうけれど、そういう販売戦略というものに不誠実さを感じ始める今日この頃です。出来ればそのもののよさを引き出すものであってほしいし、そのために媒体があってほしいと切に願います。
[PR]
by nekotekikaku | 2004-10-14 11:41 | @新聞屋
新しいは正しい?
新聞という立場上、新しいことを真っ先に取り上げることが信条ですが、それでいいのか考えてしまうこともある訳です。
昨年引っ越しをしてから、町内に1軒だけのパチンコ屋に通っています。そこには10ン年前浪人時代にはまっていた羽根モノ(羽根が開いて玉を拾い、真ん中に入ると大当たりとなるパチンコ)「スーパーキャノンDX」が半シマ置いてあります。今時珍しい1000円開放で台を開け、2000円前後の勝負を時間の許す限り楽しんでいました。大量出玉・一発逆転が一世を風靡している世間一般から見れば、新台入替すらしないこの店は寂れて時代に取り残された「終わった店」なのでしょう。情報として新しいものはここには何もありません。でも私のように昔を懐かしがりたい者、パチンコが本当に好きな人にとっては、これ以上ない輝いた店になるのです。ITだ何だととかく目先の利益にとらわれがちですが、こんなじわっとしたニーズを的確に取り上げられなければ、媒体は大量消費・一発屋の口車に乗せられるだけの存在に終わってしまうのではないか、そんな危惧感を抱いてしまいました。
この話にはオチがついていて、昨日久しぶりにそのパチンコ屋に行ってみると、なんと新台入替をして大好きなスーパーキャノンがなくなっていたのです。私がちまちま遊んでいたのを計算すると結構もうけていたはずですから、こいつは儲かるはず!だったらもっと儲けなくっちゃ!じゃあ新台入替!なんて店長が考えたのでしょう。結局私1人の感傷は消費社会の波に飲み込まれてしまった訳です。うらぶれたパチンコ屋を探しにまた旅に出ます。
[PR]
by nekotekikaku | 2004-10-12 14:18 | @新聞屋
全国地方紙のキャラクター
このブログのスキンやプロフィールに登場している佐賀新聞のマスコットキャラクター「ぺーぱくん」。創刊120周年の8月1日に生まれたばかりですので、一般の認知はこれからですが、それこそ世の中には様々なキャラクターがあふれています。ピ●チューやミッ●ーマウスやキテ●ちゃんなど、知ってる限りでも数百数千のキャラクターの中からぺーぱくんを選び、さらに愛してもらうことは、漫然としていると実はものすごく低〜い確率なのです。
そう考えるとかわいいのに、気がつけばいなくなってるキャラクターって結構あると思いませんか。先日写真を掲載した「サニーちゃん」(生きてたらごめんなさい)は、嫁さんの小さい頃遊びにいっていた親戚の自動車工場にいっぱいあって、人形はもちろんちゃんとした絵本も置いてあったそうです。今見るとオバQのド●ンパをウサギにしたような、なかなか味があるキャラクターです。天下の日産の作ったキャラクターでしょうから全国展開していたはずですが、私は残念ながら見たことがありません。うちの実家も日産車ばかりのっていましたが(ブルーバードの丸目のころから!)、それでも知らないのです。
ブームを巻き起こしたたれ●んだを生んだ女性は、なんと6年間も売れる日が来るまで、た●ぱんだ新聞を作り続けたそうです。継続は力なり。それは掲示板でもブログでも会員組織でも変わらないことです。ぺーぱくんの時代がくるのは何年先か分かりません。あるいは(考えたくないけど)来ないかもしれない。でも子供と一緒で生んだからには、心中する気でしっかり育てていかなくちゃならんのです。私は本気ですよ。
そんななか、ぺーぱくんにもお友達がいることに気がつきました。全国の地方紙にも個性豊かなキャラクターがいるらしいのです。そんなところと昨日連絡を取って、リンクを張らせてもらうように手配をしてみました。皆さんとても気さくに、気持ち良く応じてくださいました。将来地方紙キャラクターで、お祭りなんかをやったら楽しそうだなぁなんて夢は膨らみます。

今日の体重 83.4kg 増えてる?
[PR]
by nekotekikaku | 2004-10-08 18:00 | @新聞屋
言い忘れておりました。
朝日新聞は広告原稿入稿完全デジタル化を今年7月からやっております。前提の話が飛んでいまして申し訳ありませんでした。毎日新聞同様、これらの先進社の動向は目が離せません。以上お詫びと訂正でした。

今日の体重 82.4kg
[PR]
by nekotekikaku | 2004-10-07 13:53 | @新聞屋
地域広告のありかたって
たまにはメディアなネタを。Japan.internet.com Webマーケティング - Yahoo!、地域情報検索サービス『Yahoo! Local』の正式版を開始ってどうなんでしょう。「これにより、新聞や既存のメディアはネットに統合される」なんてITバブリーなことは誰も言わないでしょうが、価格・評価・距離で俯瞰的に眺められる広告というのはありそうでなかったものです。強いて挙げれば毎日チラシを眺めている主婦の「頭の中データベース」が近いのかな?これに車の燃費とガソリン代が自動で計算できると、主婦は何も考えずそのページをプリントアウトし、朝9時開店に並ぶ&店のはしごをすればいい訳です。しかし、評価って誰がするんですかねぇ。近所の3店のスーパーでも生鮮品重視、生活雑貨重視、特売品重視と性格が違いますし、しかも広告であるという時点で、はなから情報は公正でないですから。残念!行かない店にはやっぱ行かない斬り!!いいか悪いかは拙者新聞が言っときますから。切腹!!!ってところでしょうか。

今日の体重 83.4kg にがり効果有り!?
[PR]
by nekotekikaku | 2004-10-06 10:19 | @新聞屋
ダイエット始動
とうとう始めましたダイエット。しなきゃとは思ってたんですが、必要に迫られないとしないたちなもんで。でもついにバイクに乗ってるとき、脇腹がつかえてコーナーが曲がれなくなってきましたので、潮時かなと思った次第です。
そこで新聞でテレビで雑誌で一番効きそうなやつを探しまわっていました。そこでみつけたのが「もろみ黒酢+にがりダイエット」。クエン酸が体内のリンを排出し、にがりの効果を損なわない、という科学的風味なところが元理系の心を動かしました。ほんとは宿便ダイエットが一番興味があったんですが、家族の理解が得られそうにないので。
ジャスコでトップバリューの黒糖もろみ黒酢を購入。498円也。そして自家製豆腐作りにつかっているにがりを数滴いれて5倍に薄めた酢を飲む。
?案外いけるんでは?
黒糖がまろやかな風味を醸し出して、酸っぱさもそれほどでもない感じ。
にがりのまずさをうまく消してくれてるようだ。これなら続けられそう。
このダイエット法が効くかどうかを見るために、運動等余計なことは一切せず
これまでの生活を維持してみようと思う。体重はなるべくしっかり付けていこう。
どうなるか乞うご期待。

昨日の体重 83.4kg 今日の体重 84.0kg...って増えてんじゃん!
[PR]
by nekotekikaku | 2004-10-05 11:49 | @新聞屋
たまには新聞屋さんな話を。
某印刷社の内覧会を見てきました。
大判プリンターを導入したらしく、外壁にはカラフルなバナー、内部には電照看板と、パチンコ屋のオープンを彷彿とさせるにぎわい。オンデマンド印刷機の納入メーカーの方々も説明に来ていて、「うちの機械はすごい!なんてったって...」という詳細な説明を受ける。みなみな上気した顔で「うちの機械は...」というあたり、知らない人が見たなら、すぐにでも印刷発注しそうな熱の入れようだ。
でもそんななか、私は1人テンションが下がってしまった。
●ビジネスは機械が作るのか
「オンデマンド印刷機の導入で別々の写真を使ったカレンダーが印刷が出来ます」ここに、何か魅力があるのか。実際中に入ったとたん、なんの説明もなくデジカメで写真を撮られ(肖像権の侵害だ!)帰りがけに自分の顔写真の入ったカレンダーをもらう。これはよくある観光地(●ペースワールドの惑星●クアなど)の記念写真と変わらない。しかも印刷機を持ち込めない分即時性もないこのビジネスに誰が投資するのだろう。家庭には高性能プリンターが年賀状専用機として出番を待っているというのに、誰がデジカメデータにわざわざ連番を振って、データベースをソートして持ち込むというのだろうか。
印面もオフセットに及ばない、かつレーザープリンターの4倍のコストがかかる。この機械の使い方を誰か考えてあげてほしい。(つづく かも知れない)
今日の体重 82.8kg
[PR]
by nekotekikaku | 2004-09-10 20:26 | @新聞屋
とりあえず作ってみました。
はじめまして!とりあえず作ってみました。何もする当てもないんですがね。
[PR]
by nekotekikaku | 2004-09-03 18:40 | @新聞屋
うわさのblogつくってみました。
うわさのblogつくってみました。
とりあえず、ね。
PDF出版は気になりますね。

追記:久しぶりに見るとなつかしー。こんなささいな記事から猫手企画は始まったわけですね。始めは誰でも同じです、頑張れ初心者!
[PR]
by nekotekikaku | 2004-09-03 18:37 | @新聞屋