やきそば弁当
b0020765_7152975.jpg友人からやきそば弁当が送られてきました。やきそば弁当とは、北海道では当たり前に売られているカップ焼きそばですが、普通捨てるお湯でスープが作れちゃうという地球に優しいエコ商品。おみやげとしても人気です。以前いろんな味があると聞いて「食べてみたいねー」なんて話していたのを覚えてくれてたようです。こういう心遣いは文句無く嬉しい! 私はこの手のホスピタリティーが足りないようで、相手のして欲しいことをうまく汲み取らず、人に迷惑を掛けてばかりいる気がします。皆さん本当に申し訳ありません。

さて、やってきたのは
かわらぬおいしさ「普通味」
ブラックペッパー入り「ちょい辛」
ピリッと唐辛子入り「ガーリック醤油」
かつおだしソース「おかか風味」
うまさの秘密は利尻産昆布とオイスターソース「塩」
たまりソースうまみUP!「焼うどん弁当」
の6品。徹夜明けの胃袋にどの味がガツンと来るか、ためつすがめつ眺めています。

同封されていた北海道新聞に、先日開催された新聞大会の特集が掲載されてました。「Hokkaido be ambitious!〜北海道独立を宣言!」と題した広告企画はかなりの意欲作。地元の偉人を大臣に見立て、現在の「賢者」へのインタビューから北海道の魅力を掘り起こしています。デザインも秀逸で大泉洋を起用するなど話題性も充分で満腹感は高いです。また本紙では記念講演の採録が載っていましたが、こちらはかなりしょっぱめの味でした。
[PR]
by nekotekikaku | 2008-10-25 09:55 | @日常屋
<< モノツクリのスタンス 2133 44730~ >>