Photoshop Express 登場!
Webアプリケーションの真打ち登場!Adobe Photoshop Expressがベータ公開しました。早速使ってみましたのでご報告を。

必要なシステム要件はインターネットに接続している事、Flash Playerが動く事のみ。ブラウザやOSの縛りもなく、登録すればすぐに最大2GBのディスクスペースが利用できます。現在はUSA・英語版のみでの提供でその他の国・言語は順次公開になります。なぜ佐賀で使えるかと言うと...まぁ佐賀はバーガー屋多いしアメリカみたいなもんだからじゃないですか(^^)

トップページからログインするとマイページに行き、右上のボタンを押すとアップロードできます。ファイル形式はJPEGのみ。ヘルプの説明によると「TIFFやPSDはサイズが大きすぎるしぃ、GIFは荒すぎるでしょ」とのこと。容量は無料で最大2GB!
「My Photos」を選択するとブラウズ画面は3種類、スライドショー一覧リストが選べ、目的に応じ素早い写真選択が可能です。各写真には好みのキャプションと★5つまでのレートがつけられ、日付とともにソート(並べ替え)が可能です。
この画面上で画像の削除、左右回転、メール送信、リンクタグ発行などが可能。Facebook Photobucket Picasaを利用している人はLoginする事で連携も出来ちゃいます。

これだけでも写真サイトとして十分の機能を有していますが、凄いのはPhotoshopたるゆえんの編集機能。「Edit Photo」で編集画面のメニューには、切り抜き・回転、自動最適化、明度、彩度、リタッチ、赤目補正という基本機能から、ホワイトバランス、ハイライト調整、環境光、シャープ、ぼかし、色相、グレースケール・単色化、変形、スケッチ風フィルターと、ほぼ一般使いにはフルセットの調整項目が並んでいます。
これらすべてにアンドゥ(やり直し)が効き、過去のどの時点のヒストリ(編集履歴)にでも戻ることが出来ます。しかも凄いのは保存して閉じた後、再度読み込んでもそのヒストリが残っている事。いつでも元に戻せる安心感って家庭用だけでなく、プロにもありがたいもんなんです。

これらの写真をアルバムにまとめたり、スライドショーにしたり、それをまとめたギャラリーを公開する事も簡単に出来ちゃいます。今後APIを使った様々なサービスがでてくるはずですし、なによりタダ。UIも分かりやすくレスポンスも問題なし。使い勝手はiPhotoなどのインストール型アプリとほぼ遜色ありません。なによりPhotoshopの絶大な信頼感。これだけの機能で十分な人がほとんどでしょうから、これは使えますよ!
[PR]
by nekotekikaku | 2008-03-28 11:25 | @デザイン屋
<< 47NEWSリニューアル Friioに敗北 >>