MSオープン化へ一歩
佐賀新聞:ウィンドウズ情報を公開へ/MS、創業以来の戦略転換

これは革命的な方針転換。世界でもトップクラスの人材と豊富な資金で情報と富を囲い込んできたMSですが、そこを切り売りしてでも外部に知の共有を求める事を選択しました。自社だけではイノベーションを起こせない。なら外部に知恵を借りようというのは至極真っ当な判断ですが、大きくなった会社というのは組織のプライドや報酬がそれを許さないというのも事実。MSのような既得権がデカイメーカーはなおの事。その点新聞社だって同じ事でしょ。

囲い込むな解き放て。どこぞで聞いた言葉ですが、世の中確実にオープン化へ向かっています。その中で何を手元に残すか明け渡すか、自社の強みと弱みは何なのか、誰と組むべきか組まざるべきか、マーケ担当の分析力と経営者の先見性が問われています。

ちなみにMSは外部の優秀な技術者に支援を仰ぎたいだけなので、フルオープンにするとか、ソフトをタダで配るとかは一切言っていません。わくわくしてたフリーライダーさんはあしからず。
[PR]
by nekotekikaku | 2008-02-22 09:56 | @デザイン屋
<< 「Adobe AIR」と「Ad... AKIRA実写版来夏公開 >>