地デジチューナー「Friio(フリーオ)」
フリーオって人気なんですねー。元々29800円の品が、ヤフオクじゃ84000円で値がついてますよ。B-CASカード(付きBSチューナー)が10000円くらいで取引されてますから、トータル10万円...そこまでするのはこの機械を通すと地デジのコピーワンスが外れるから。しかも著作権的にギリギリOKらしいので、個人に限れば複製し放題なんです。機械の原価は1000円くらいらしいので、他社がこぞって出せば放送の必死で守ってきた複製防止策は木っ端みじんですね。

でも一番の問題は、そうまでして見たい、残しておきたいと思わせる番組がない、ということ。だいたい話題になったものって数ヶ月すればレンタルDVDになるし、深夜にぼーっとつけとくだけなら5000円以下のチューナーが出るまで待てばいいし。すでにそんな感じでテレビはタダ!が身に染み付い私にとってテレビは、放送はプライオリティの低いメディアになってしまっています。NHKとキー局同士がネットで合法デジタルアーカイブ見放題(+コピーワンス)プランとか用意してくれれば、月額3000円くらいは払うんですけどね。
[PR]
by nekotekikaku | 2007-12-28 06:29 | @デザイン屋
<< 明けましておめでとうございます。 唐津新聞廃刊 >>