年男
なーに勝手に頑張ってんだろう、俺。

最近ふと自分がやっている事は、楽して楽しく生きられる人の邪魔してるだけなんじゃないか、と思うことがあります。誰もが仕事にやりがいを求めないし、過去で生きられる人にイノベーションは必要ありません。自ら非常口に近い席を取る人は、緊急時に本当に他人の脱出を援助してくれるでしょうか。

来年は年男。12で昔なら元服、今は24で稼ぎだし、48では社会に貢献し、60で個人に返り、72で没する。今一度歩みを止めて今までの12年を振り返り、周りを見つめ直す。そして自分とその家族が生きやすい場所とカタチを選択する、そういう作業をしていく時期なんでしょう。昔の人は日々の営みの中からそういう普遍的な法則性を見つけて、ずっと受け継いできたんですね。よく考えたものです。

メディアのデザイン以前に自分の人生のデザインが大事。そんな当たり前の事を思い出させてくれた年男という制度に感謝。Going My WayでLet It Beですね。でもその前にまずは下腹のデッサンの狂いを修正しなくては(^^;)
[PR]
by nekotekikaku | 2007-12-21 22:53 | @日常屋
<< 唐津新聞廃刊 2カ月でタダ同然に... >>