amazon Kindle
b0020765_19151197.jpgAmazon.com: Kindle: Amazon's New Wireless Reading Device: Kindle Storeにて電子ペーパー端末「Kindle」が発売開始になりました。292グラム、800×600pxの電子ペーパーは1週間電池が持ち、2時間で充電できます。端末は399ドルで米国限定発売です。携帯電話が内蔵されていて、通信料はamazon持ち。新聞も購読でき、月6ドル〜15ドル程度。ニューヨークタイムズ、ウォール・ストリート・ジャーナル、およびワシントンポストなどの米国紙から、ルモンド、フランクフルターアルゲマイネなどのフランス、ドイツ、およびアイルランドの新聞も販売するそうです。

これはカッコワルイ!

コンセプトは分かるけど、こんなダッサイ端末持ち歩きたくないでしょ。普通の人ってスペックではなく、生活の1シーンに沿うかどうかで購入を決めるもの。このデザインは新ジャンルとしてはかなり異質な暴力的なものだと思いますよ。iPod Phoneが出た今人々のカバンの一隅はそれに占められている訳で、それ以上のモノの魅力がない限り(もしくはカバンのサイズを大きくしない限り)、普及はかなり厳しいと言わざるを得ません。なんたって新聞、雑誌と違って捨てられませんからね(^^)

というわけで、電子ペーパー端末の話題に飛びついてしまうのは、新聞屋の悲しきサガでます。「紙面をそのまま」載せるのに血道を上げるのは、そろそろヤメにしませんか。デバイスに合ったデザインというのはあるんです。よろしくお願いします。
[PR]
by nekotekikaku | 2007-11-20 20:57 | @新聞屋
<< DESIGN IT! Conf... 新聞ADGOGO >>