タッチ タッチ そこにタッチ!
b0020765_10551547.jpg全国で10人はつけたと思われるタイトルですが(^^) アップルのスペシャルイベントで iPod touchが発表されました。言うなれば音声通話とカメラを外したiPhoneです。マルチタッチインターフェースやsafariによるwi-fiブラウジング等々はそのままですので、日本のキャリアとの折衝などに気をとられず最新のインタフェース技術に触れる事が出来るようになりました。うwi-fiから直接曲を購入できるiTunes Wi-Fi Music Storeもオープンし、Rismoなどのケータイダウンロードサービスに対抗できる体制が出来ました。iPhoneにあったwidet機能は今回表立って発表されていませんが、どうせ同じものですからじきにつくでしょう。Google Docs & Spreadsheetsを使えれば(いまでもSafariには未対応)強力なスマートフォンPDAとなることでしょう。

問題点を上げるとすれば、容量が8GBと16GBと小さい事。一瞬「えっ、0が足りないんじゃない?」と思ったほど。ちょうど同時発売のiPod classic(古くなっちゃったよ...)は80GBと160GBとちょうど10倍の容量だけに、私のように外部ストレージ代わりとして考えていれば、あと1年は待ちですね。そういえば初代iPodも5GBでしたし、時間が解決する事です。

同時発表のnanoもビデオ対応に。ブラックのみがクリックホイールが黒の5色。(PRODUCT) REDの赤だけがビビットな色だけに売れそうだなぁ。というかそのための策略でしょうか? classicともにインターフェースが変更になり、iTunesですでにおなじみのジャケ写で選曲出来るcover flowを実現しています。

マルチコンテンツブラウザ化するiPodたち。プロからコンシューマーまでのコンテンツ制作をソフト、ハードから完全にカバーするMac。テレビからゲームまで何でも売れるiTunes。気がつけば自分の生活あらゆるところにタッチ タッチ そこにタッチ!ポイントが。この抜け目の無いビジネスを、単独企業がやっていると思うと頭が下がります。しかもあの没落寸前だった林檎屋が。経営者の先を見通す力の偉大さを改めて感じさせます。Stay hungry. Stay foolish. どこまでもついていくぜJobsさん。
[PR]
by nekotekikaku | 2007-09-06 08:07 | @デザイン屋
<< 仕事中 nanoなの? >>