風とロックと福島民報
b0020765_441116.jpg福島民報が115周年記念特集「風とロックと福島民報 207万人の天才」 を発行しました。これはクリエイティブディレクターの箭内道彦氏(郡山市出身)とサンボマスターの山口隆氏(会津若松市出身)をフィーチャーし、福島民報創刊115周年記念し2007年8月1日に発行されたもの。掲載された紙面イメージと、 福島県内で行われたの撮影の様子(動画)が、雑誌風のレイアウトのWEBページで展開されています。

周年企画は数あれど、風とロックにまかせてしまった福島民報の英断は偉い! おかげでカッコいい紙面になっていますが、福島民報色は薄め。でもそれが心地いいというか、媒体が前に出る必要って案外ないのかも知れませんね。空気のような使い勝手の良さ、でもそこに少しだけ心地いい空間を作れているいい企画だと思いました。一地方紙の取り組みとして見習うべき点は多そうです。
[PR]
by nekotekikaku | 2007-08-03 03:58 | @新聞屋
<< ハチ公 打ち水キャンペーン >>