35になりました。
昨日で35になりました。
四捨五入で40、名実共におっさんです。
そんなおっさん初心者にメッセージをくれた方々ありがとうございます。

ここ数年、ネットの時代に新聞が何をするのかをテーマにしてきた訳ですが
自社で言うと、ひびのというある程度の器は出来たのではないかと思います。
もちろんユーザビリティ含め私の仕事は山積しているのですが
作ることから新聞社としての運用のフェーズに移って来たのではないでしょうか。

今年は製品としての「新聞のカタチ」をデザインの視点から検証します。
紙も、ネットも、ケータイも、新聞の出力デバイスの一つに過ぎません。
それぞれに合わせた表現手法や利点、欠点を見据えながら
いかにユーザビリティを越えたユーザ—エクスペリエンスを高めていけるか。
そのために今まで以上にいろいろな方にお話を伺い、知見を広め、
近い将来のカタチを模索していくつもりです。

個人的にはネットの普及のおかげで
唯一の情報伝達媒体という重責から解き放たれた
紙と文字の新たな可能性に注目しています。

これからも変わらず新聞屋です。
今後ともおつきあいのほどよろしくお願いします。
[PR]
by nekotekikaku | 2007-07-20 10:33 | @日常屋
<< 47NEWSのCM 萌えみやげ >>