北海道新聞の記者ブログ 6月末で終了
不安は的中した。先日のエントリで注目していた北海道新聞の記者ブログ「メディアの節穴」が、6月末で終了しますという発表をしている。先日JANJANに載っていたジャーナリスト放棄宣言か 道新の論説委員コラムという記事の滑りっぷりも、あながち間違いではなかったのだろうか。

もし本当に道警に「配慮」しブログを「自主規制」したのであれば、新聞の立ち位置を揺るがす大事件ではないかと考えている。この手の問題は経緯説明を求めても、当該記者がスケープゴートにされるだけなので追及は控えるが、真実はどこに?の疑問は永久に拭えないままだ。
[PR]
by nekotekikaku | 2007-06-29 14:50 | @新聞屋
<< IT-PLUSに載りましたよ 21人の弁護士って... >>