生活感
ようやく全部Gmailにしましたので、どこでも同じ環境でメールが受けられます。
カレンダーも携帯に対応したみたいですし、これでネットコミュニケーション部分をパソコンのハードディスクから切り離す事が出来ます。ネットが繋がらないと何も出来ないというネット依存症度が上がったという事ですが、単にネットだけの話ですので不都合は感じません。なにより荷物を持たない身軽さを体験すると、元には戻れない動きやすさを感じます。出張が増えるとこのメリットをより実感できますね。

その一方、デザインのツールはオンラインでというのにはまだまだ。帯域的に、容量的に、そしてなにより道具が手になじむかどうかも含めて手元に置いておきたい。結局生きているのはリアルな世界なので、そこでの生活の向上のためにネットがあるんです。デザインは実生活とそのような便利なものをつなぐ役割を担っています。子供と虫取りをする事、庭の手入れをする事、地域の会合に出る事、車を洗う事、洗濯をする事。仕事にかまけてネットの世界に身をおいてみると忘れがちになりますが、そんな普通の生活を持ちつづける事は、非常に重要なデザイン要素だと考えています。
[PR]
by nekotekikaku | 2007-05-30 10:26 | @日常屋
<< 道新の記者ブログが止まっている 「自殺」の連鎖 >>