既婚、早起き、高収入
M1・F1総研は5月10日、首都圏の働く“M1層(20〜34歳男性)”を対象に、ニュースの収集方法による生活スタイル・価値観の違いについて調査し、結果を公表
CNET Japanネット利用者は情報収集が得意?--ニュース収集方法で異なる生活スタイル

テレビ派はお金や遊びを重視。「広く浅く情報収集」「最新情報に弱い」
ネット派は夜更かし型。「情報収集手段を使い分け」「入ってくる情報が多すぎるとは思わない」
新聞派は既婚、早起き、高収入。「世の中への関心」「多メディアに接触」

ぱっと見新聞いいじゃんと思いますが、情報源としての利用は

テレビ 78.4%
ポータルサイト 77.6%
新聞 42.4%

と、ざっくり完敗。若者(私を含む)でそもそも既婚、早起き、高収入って少数派かも知れません。夜更かししてでも、遊んだ後でも、見てもらえるような骨のある言説を新聞が書いてるかどうか、それがどうその人と関わりを持っていられるか、そのことを知ってもらう努力をしているかどうかじゃないですかね。「新聞」というものがコンテンツとして話題になりづらいものであるというのも事実。広報の重要性をひしと感じます。
[PR]
by nekotekikaku | 2007-05-11 07:57 | @新聞屋
<< 研究結果のウソ クローズアップ現代 >>