選挙カーを無くせ!
<ノー選挙カー>「騒音、排ガス」一掃へ…推進ネット設立

統一地方選まっただ中ですが、選挙改革に一石。あのうるさい街宣車、ネットでの広報を規制するより、あれを取り締まるべきです。騒音、渋滞、公共の場占拠。これを迷惑と思わない市民感覚とのズレが選挙や政治を遠ざけている一因だと思うのですが。マニュフェストなら選挙公報で充分。市民と触れ合いたければ、町を歩いて握手して回ればいい。選挙期間中だけやって来る「先生」の言葉は、何一つ私の心に響きません。

とはいえ金銭授受が問題になり戸別訪問をできなくなってからというもの、告知する手段としては町で叫ぶしかなかった訳で、チラシすら満足に配れない今は広報が行き届いていないのも事実。自転車で回ってもハンドマイクで叫ぶだけなら、事態はなにも変わりません。そこら辺まで含めての改革を期待します。

なにより「誰がなっても一緒」というあきらめからでしょうか、選挙に関心低いのが一番の問題なのを「先生」は心に留めておいてほしいものです。

 
[PR]
by nekotekikaku | 2007-04-16 10:13 | @日常屋
<< 長崎市長銃撃される モバイルGmailはすごい >>