ドクター・シーゲル逝く
b0020765_191954.jpgExcite 成毛滋氏死去 ギタリスト
「パープルエクスプレス」という文化放送のラジオ番組(土曜深夜?)をご存知の方は、きっと私と同世代以上の方でしょう。そこでギター講座をしていたドクター・シーゲルこと成毛滋氏が3月29日他界していたそうです。60歳。

当時遠くて雑音まじりでよく聞こえない文化放送を、でかいラジカセに耳を引っ付けて聞いていました。ギターに憧れてしばらくかじったり、メタルにのめり込んだりしたのもドクター・シーゲルの影響大です。しばらく姿を見かけませんでしたが、昨年NHKの番組「新・趣味悠々 楽しく弾こう!大人のエレキ・ギター」にインタビューで出演していたのが最後の露出でしょうか。ギターもキーボードも操るプログレ奏者はなかなか居なかったんですよね。パープルエクスプレスのテーマも全部のパート自分で弾いてたのはすごい。ラジオがコミュニティの中心だった頃のお話です。

私の青春の残骸は、今でも押し入れの奥に眠っています。週末にでもドクターを偲んで久しぶりに弾いてみようかと思っています。合掌。

○ドクター・シーゲル関連のサイト
Dr.Siegel's Archives: 成毛滋氏の貴重な音源が詳細な解説とともにmp3形式で提供されています。あのパープルエクスプレスのテーマ曲も聞けます。

Purplish Express 2000: パープルエクスプレスの録音時の話や、ドクター・シーゲルカスタムアンプFLIP 5000やドクター・シーゲルゲージの裏話など。

成毛滋さん公認非公式ファンページ: 成毛滋氏のディスコグラフィーなど。今では見られないFLIED EGGのLPの写真もあります。

Alone in his room: こちらにも未リリース音源がたくさんあります。サイト名にもなっている組曲「Alone in My Room」のレビューが熱い。

江戸紫特急: パープルエクスプレスリスナーの集い場、でした。
[PR]
by nekotekikaku | 2007-04-06 19:09 | @日常屋
<< Knockin' on... imagine の世界へ >>