飲み会は仕事ですが、なにか?
Sankei WEB「社内飲み会も業務」 帰宅途中の転落死を労災認定
「社内で開かれた会社の同僚との飲み会に出席して帰宅途中に地下鉄駅の階段で転落して死亡したのは労災に当たる」と東京地裁が認定。これに対して「この判定はおかしい」とか「飲み会はそもそも良くない」と言った論議があるようですが、認定は当然じゃないですか、サラリーマンにとって飲み会は業務なんですから。上司に「お口が汚いんじゃないの?」と言われれば「清めさせていただきます!」と肘を鋭角に上げイッキ飲みし、忠誠心と心意気を内外にプレゼンテーションする場、それが飲み会なのです。ある意味面接以上の真剣勝負が繰り広げられております。以前は自分の靴で返杯を受けたり、「一番搾り」と言って、靴下でビールを絞って飲ませたりしてたようですが、衛生的人権的にヤバいので今ではしてないようですが。

この件で中央労基署は慰労だと言っていますが、業界がそういう商習慣なのですから、サラリーマンならそんな職場に配属された事を受け入れるしかない、それが起因の事故が労災というのはしごく当然だと思うのですが。それでも「飲み会は良くない」という方は、是非某大手代理店に楯ついて、業界を改革してみられる事をオススメします。
[PR]
by nekotekikaku | 2007-03-30 10:34 | @新聞屋
<< Renewal! Renewal! 世界初!自動車のLEDヘッドライト >>