カラオケが嫌い
どうでもいいですが、カラオケが嫌いです。何が嫌いって、あの盛り上がらなきゃ人間じゃない的な脅迫感。作為的な高揚感と一体感の強制。恐怖に近いものを感じます。残念な事に私の好きな曲はテクノやヘビメタなので、ドン引きさせる事を思うと、不安でおちおち歌ってられません。しかも自分の曲が終わった後で、誰も曲を入れてなくて、さらに各々会話して結構盛り上がっていたりすると、情けないやらやりきれないやらで、その場から逃げ出したくなります。

スナックも嫌いです。なんで私が気を使って話を盛り上げて、女の子に酒を飲ませてフルーツ食わせて、自分はスナック菓子しか食えなくて、水道水を瓶につめたものをミネラルウォーターと言い張られて、ママとデュエットさせられて、大金はたいてこなくてはならないのでしょう。

そんなわけでそういった所に連れてこられた時には、盛り上げに徹します。徹底的に作為的な高揚感と一体感を演出します。それで自分の身を守るのです。

やっぱ居酒屋で熱燗ちびりがいいなぁ、と思う歓送迎会シーズンです。
[PR]
by nekotekikaku | 2007-03-14 01:06 | @日常屋
<< 市民の声をねつ造 等 >>