楽天からヤフオクからアマゾンからDSへ
私が買うマイナーな本やCDは地方ではなかなか手に入りづらく、ネットショップで買うばかりでしたが、最近は売る事も多くなりました。

理由のひとつは音楽を全てiTunes化した事。iPodで聞けばリッピングしたCDはもう開く事がありません。レンタルできる場合はそれでいいのですが、洋楽は1年レンタル禁止のしばりで聞きたい時に聞けませんので、ついお買い上げ。それをヤフオクで売っていたのですが、結構やり取りが煩雑かつ価格が不安定かつ面倒くさいので、最近はもっぱらAmazonのマーケットプライスを利用しています。固定の手数料を売り上げた時に支払えば、金額が自分で決められるので、レンタルをしたと考えた分を差し引いた額で出せば、私の場合必ず売れてます。決済もカンタン。これって、CDを媒介にした音楽データの合法的なシェアですよね。レンタル屋ではなくAmazonにレンタル料を払っているようなものと考えれば、レンタル屋さん崩壊の序章ですね。それ以前にCD産業の崩壊の方が先でしょうか。

以前はネットで商品を売ろうとする場合は、楽天などのモールに初期費用を払って店舗を出し、売上とは関係なく月額使用料を払って維持する必要がありました。ところが先のヤフオクやAmazonのように個別商品ごとに流通が出来るようになり、大きな初期投資なくネットで商品が売れるようになりました。さらに昨秋当たりから出始めたドロップシッピングに至っては、手元に商品を仕入れるリスクからも解放されてしまいました。日本ではアフィリエイト同様中間業者の商品構成から選んで売る形が大半ですが、海外ではドロップシッパー(売り手)が自ら製造業者に掛け合って商品開発し、店舗ごとの独自性を出しているようです。

今後は検索技術によってますますネットショップの売上は、大きなモールに入る事より商品力と企画力が重要になっていくでしょう。そして、そのようなサイトをまとめた「DS価格コム」のようなサイトが出来るはず。楽天などの大きなモールはそれに対してより一層、店舗へのマーケティングコンサルやモール自体のブランド力アップ、リコメンド機能の実装などに精力を注がなくては、ありきたりのサイトでは飽きられかねません。

個人のやれる事がネットのおかげで格段に広がるのを、最近肌で感じる今日このごろ。この構図はメディアに当てはめても同様で、その分オイシイ商売をして来たところにとっては、大変な時代になりましたね。
[PR]
by nekotekikaku | 2007-02-24 17:16 | @デザイン屋
<< iPodはヤフオクで!? キモッ でも気になるプロモーション >>