iPhoneのCM?
b0020765_11332390.jpgMacworld Conference & Expo 2007を目前に、Macファンたちの間で話題沸騰のiPhoneのCM?な動画がYoutube上にあふれています。

例えばこれなんかは、3D造形やカット割りなどかなりハイレベルのクオリティで制作されています。
また、これもうまいもんです。最後の洋梨をかじったロゴは笑いますが。
これは現実味がありますけど、筐体が正直ワクワクしないですね。
これは丸型だと言い張っています。
旧iPodのCM風なこれはiPod MAXIと言う名前らしいです。
これは最近流行の流出ものっぽさをうまく演出しています。
学生さんでしょうか、頑張ってモデリングしたこれも捨てがたい。
デバイスの新しさで言えばこれが一番未来的でしょうか。
そして一番現実味があるのがこちら。必要なのはセロテープのみ、なんか必死で張ってますよ。バカにしながらもみんな心なしか喜んでるような気がするのは、みんなそんなの欲しいって思ってる現れですよね。

このようにファンが勝手に盛り上がって、それがメディアを巻き込んで大きな波になるのがAppleの巧みな戦略です。消費者自身が起こす、クチコミの力はバカに出来ません。
いよいよ海外のApple storeには上部にドックコネクターが付いた展示用テーブルもお目見えしたようですし、1/10午前2時のJobsの基調講演に期待しましょう。
[PR]
by nekotekikaku | 2007-01-09 12:35 | @デザイン屋
<< iPhone登場 JBの映画はスパイク・リーが監督 >>