デジカメが当たった!
b0020765_7403236.jpg昨日の新年会のビンゴ大会で、ブービー賞のデジカメが当たった。
今年は年初からいい滑り出しです。

しかし「MIRAX」なんてメーカー聞いた事ないんですけど。

追記:開けてみました。MIRAXじゃなくてBEARMAXでしたよ(^^)
いろいろな情報をお寄せいただいたのに申し訳ありません。新人君(さん)たちはデジモノがお得意ではないようです。まあ、包み紙の上には「デジタルカメラ ベアドライブ (MIRAX)」と書いていたので、ベアドライブ?って所も気になっていたのですが。

さて、使ってみた感想を。
全体的に携帯電話用レンズを使ってこしらえた、中国製IXY風デジカメと言ったところでしょうか。
○サイズはうちのIXYdigital60より一回り大きいだけの名刺サイズ。割と軽いです。
○できる事は写真、動画、録音、PCカメラにもなるなど、機能は一通りそろっています。
○SDカード、単4電池ともに付いていません。あわてて電池は買いに走りました。ものすごく電池食いです。
○レンズの画素数は320万画素、最大2048×1536pxで撮影できます。オートフォーカスはついてませんので、写ルンです状態の絵になります。
○動画は320×240pxのAVI形式。 fps4.32とvlog程度なら許せる範囲の画質。
○録音はwave形式モノラル, 8.000 kHzと最近のCD品質のICレコーダーからするともの足りませんが、その分1分間で360KB程度と容量を食いません。音質も4.5人の会議程度なら問題なく録れそうです。
○質感は安っぽいです。全体のデザインは明らかにCANONのIXYを狙っているのですが、メッキパーツの照り感や、部品の合わせ、ボタンのクリック感、操作音、ディスプレーの変なフォント、端子がむき出しな所など、すべてが及びません。

とはいえ、孫写真入りの年賀状制作に、子供のパソコンを使った自由研究に、ちょっとした会議の議事録作りに、youtubeに上げるバカ動画制作に、と用途を区切れば使いではありそうです。売価は4980円くらいではないかと見ましたが、デジカメ草創期からすれば性能10倍で値段1/10、これだけの機能のものがこの値段で出るようになったこと自体が驚きです。それだけ機械は進歩を遂げていますが、人間の表現力はそれに追いついているでしょうか?

個人的には持ってるIXYと機能が丸かぶりで必要ないので、このデジカメはみなさんに次のひびの内の企画でプレゼントしちゃいます! また告知しますので、お楽しみにー。
[PR]
by nekotekikaku | 2007-01-06 09:00 | @日常屋
<< JBの映画はスパイク・リーが監督 紅白ネタ合戦 >>