【週末の自由研究】 その1 ペーパークラフト
旦那は週末はゴロゴロ寝てばかり。どうせなんにも役に立たないなら、週末には何か一つ自由研究してみようと言うこの企画。第1回はペーパークラフトに挑戦。最近ちまたで密かなブームになっているペーパークラフト。以前は外国製の結構高い本になったものを買って来て作るのが定番でしたが、いまやなにかとアイティー時代です。いろいろなサイトにペーパークラフトの型紙が掲載されていますので、それを自宅のプリンターで出力し、家庭で手軽に楽しむ事が出来ます。

今回は簡単さを重視して@niftyの工作・手芸カテゴリからきょうりゅうを選んで作ってみる事にします。

b0020765_6421761.jpg

■データのダウンロード


まずはデータのダウンロード。たいていはPDFデータになっていますので、まずはAdobeのサイトからAdobe Reader(無料)をダウンロードして下さい。その後各部品をダウンロードしていきます。ちなみに今回のトリケラトプスは、飾り台まで合わせてA4で3枚でした。
b0020765_648837.jpg

■プリントアウト


次にデータをプリントアウトします。普通のA4インクジェットなら問題は無いでしょう。注意したいのは印刷の設定で、PDFの場合は余白を自動的に計算して縮小を掛けてしまいます。プリントダイアログの「ページの拡大縮小」を「なし」に設定しましょう。
b0020765_6541738.jpg

■紙選び


出来上がりの際にちゃんと立つために多少の張りが必要ですので、コピー紙より厚い紙を選びましょう。今回は中部製紙のPaper Selectionというシリーズの厚口を選びました。和紙柄やストライプ柄などを使って、紙の質感を生かしたモデルを作る事も可能で、それに合わせた着色無しのモデルを用意しているサイトもあります。
b0020765_702643.jpg

■切り取り


外枠はもちろんですが、のりしろをきれいに切る事が組み立てのスムーズさを決めるコツです。のりしろがはみ出すと、上手く重ならず組み立てが滞り、ノリがそのうち乾き出し、結果的に一からやり直し、な事が何度もありました。部品が多い場合は裏に部品名を書くか、必要なものから切り出しては組み立てた方が、後で分からなくならないで済みます。

b0020765_742340.jpg

■組み立て


案外曲げたり丸めたりと立体的な造形が多いので、組み立ては脳みそ内の3D部分をフル回転させて作ります。差し込む所の穴はあらかじめ開けておき、カッターの裏などで開いて、いざというとき差し込みやすくしておくといいでしょう。接着は先の細くなった速乾性の木工用ボンドが便利でした。
b0020765_720954.jpg

■できあがり


何のかんのいいながら、かなり悪戦苦闘。それでも印刷からできあがりまで1時間ちょっと。子どもはもちろん一日大喜びで、父ちゃんの地位もグンと向上。しめしめ。もっと簡単な四角ベースの消防車などならもっと早いでしょう。また逆に十数枚組の本格精密モデルもあります。今度はいつかV-Maxに挑戦してみたいですね。ぺーぱくんのペーパークラフトなんて作ったら面白いかも!?


次回は間近に迫った「ユーザ—車検」を自由研究してみたいと思います。それではまた来週ー。

■関連リンク
@nifty 作りの簡単さはピカイチ
YAMAHA 精密バイクと世界の希少種シリーズが出色
CANON ジャンルが豊富で、本格的。えんぎものはつかえそう
JR西日本 新幹線から線路まで一揃いジオラマが出来ます
NISSANピボ(東京モーターショー2005出展車)が作れます
HONDA 最新NSXからほのぼのタッチのT360まで
商船三井 にっぽん丸、ふじ丸、初代あるぜんちな丸
[PR]
by nekotekikaku | 2006-11-06 07:38 | @日常屋
<< 人生いろいろ 薩摩切子USBメモリー >>