薩摩切子USBメモリー
b0020765_125544.jpg防水タイプやくるっと回るタイプなど、変なUSBメモリーの揃いがやたらいいソリッドアライアンス薩摩切子USBメモリーなるモノを発売。真鍮削り出しのボディーに薩摩切り子がはめ込んである本格派で、値段は10万円。

単なるイロものかと思いきや、これは「『MOTTAINAI』 X 伝統工芸」と銘打った一大プロジェクト。日本古来の伝統工芸を生かし、いいものを末永く使うことで新しい価値観の創造と、世界に誇れるブランドへの昇華と言う、なんだか崇高でトンでもない理念で作られています。ぼかしや八菊などの薩摩切り子の技法はもちろん、長く使えるようにUSB部分だけの交換が可能だったり、同じ鹿児島の伝統工芸川辺仏壇の金具技術を使っていたりと、地方色を生かしつつなかなかよく考えられています。これがもう少し安ければ、と思うのは私だけでしょうか。

ケータイも同様に中身だけ替えられたらいいのに、と思っていたら、WillcomのSIMスタイルはそんな感じ。いやいやこちらは機種変更しやすくするためっぽいので逆かもしれません。日本でもそろそろsereneのような高級携帯が出て来てもいいのではないでしょうか。でもこちらもお値段1100ユーロ。...ちょっと手が出ません。
[PR]
by nekotekikaku | 2006-11-03 01:04 | @デザイン屋
<< 【週末の自由研究】 その1 ペ... 乗り過ごし >>