予想外割...
b0020765_2222345.jpg番号ポータビリティ制度開始を明日に控え、ソフトバンクモバイルが起死回生の一発。その名も「予想外割」(^^) 「ゴールドプラン」「新スーパーボーナス」「ソフトバンク大創業祭キャンぺーン」の3本建てのこの企画、携帯初の音声定額掛け放題(各種条件付き)です。しかし基本料9600円は高い! コムコムで鬼電2台分じゃないですか。1月15日まではキャンペーンで2880円ですが、それ以降月額2台で2万円払う自信がありません。X01HTも微妙な定額だし、Sondafoneさんちょっとずれてませんか。Yahoo!BBのやり口そのまんまだから、じきにSondafoneに入れば冷蔵庫が2万円引きになるはず。それが26日発表になる「新スーパーボーナス」だったりして。ケータイもグレーの袋に入れて配るはず。でも分からんちんの新聞の経済面は「携帯初!何と定額!」と書き散らす事請け合いですねー。

Excite <番号継続制度>24日から開始 携帯各社は顧客の争奪戦
ソフトバンクの「予想外割」、通話料0円の新料金プラン発表

追記:いやいや結構皆さん喜んでますねー。でもそのカゲでいままでVodafoneに忠誠を尽くしてきた人への年間割が終了になったり、実はひそかに復活したりしてますね。新規獲得のツケを優良顧客に背負わせるのは、どのメディアも一緒ってことでしょうか。いやいや

追記2:思いっきり勘違いしていました。申し訳ありません。基本料70%オフは1月15日までに申し込めば、永遠に続くんですね。他社の年割も引き継げるようになりましたし、あとはauの出方しだい。しかし...アンテナ増えるまで、やっぱ変えないだろうなー
[PR]
by nekotekikaku | 2006-10-23 22:40 | @日常屋
<< データは万能じゃない Adobeアップグレードポリシー変更 >>