CI
b0020765_13235055.gif立場上CIに関わる事が多いが、最近の乱れっぷりは目に余る。名刺は好き放題改変する。ロゴも崩し放題。英語ロゴもあるのにわざわざThe SAGASHINBUNと明朝で書く。あげくは丸文字の名刺まで。

CIはコーポレートアイデンティティー。一般顧客からみて企業を識別できるような、その企業に特有のもの。書体一つでその会社へのイメージが変わるからこそ、合議の上で設計しているデザインシステムなのだ。昔は清刷り出しなども厳格に管理されていたが、デジタルの功罪か一度データを渡すと一人歩きする。そこでちょっと目立ちたい、ちょっと自分の個性を演出したい、スペースが足りないと言った、ささいでトホホな代理店や社員自身の甘えが、会社のブランドをジワジワと確実に崩壊させる。それを監視し注意するのもデザインの役目(のはず)だが、言い出すと煙たがられる。困ったもんだ。
[PR]
by nekotekikaku | 2006-08-04 13:25 | @新聞屋
<< 今回で最終回:月例検索ワード Mountain Ocean Sun >>