Linux屋も始めます
b0020765_6221999.gif会社のMacが火を吹いてから3週間、すっかりWindows屋としてWinのショートカットキーが板に付いてきました。

そんな中、自宅のwin2000の調子が悪かったので、まっさらにして入れてみましたLinux。

感想は「Windows要らないじゃん」

CD-Rドライブがなかったので、Macで焼いても全然大丈夫。デフォルトでさくさく設定すると、あっさり普通の画面が出てきました。このエントリもLinuxのMozillaで書いていて、GIMPで画像処理したロゴを張ってるんです。Macに繋いだ共有プリンター(hp psc2150)もあっさり認識しました。普通に使えてしかもLinuxですから、webやDBサーバーにもできるし、しかも容量は無限だし。これがweb2.0の力かぁなどと感心しましたよ。

気になる点と言えば、変換ソフトがことえり並にばかなところ。フォントが揃っていないこと。Mozillaのプラグインが最初から入っていないことくらい。家庭でも常時接続&ブロードバンドが基本になってきたわけで、ワープロとネットがメインで、年に一回年賀状を作るだけなら、あとはサーバーとして誰かに貸しておく、こんな選択もアリかもしれませんネ。
[PR]
by nekotekikaku | 2006-06-14 06:38 | @デザイン屋
<< LinuxといえばiPod 焦げると香ばしいんです。 >>