毎日新聞東京本社デジタル送稿に統一
たまにはこのブログらしいネタを毎日新聞東京本社デジタル送稿に統一これは新聞業界的にはかなり画期的だと思います。デジタルセンド等で広告原稿の電子送稿が認知されてきたにもかかわらず、未だ多くの原稿はフィルムに頼るのが新聞業界の流れでした。ここへきて3大紙の一つから切り崩してきたことは、私どものような小さな新聞社にとっては「台風発生」かつ「日本に急接近」状態なのです。
誤解を恐れず単純化すると、ひとつにはいまだに書籍広告など小さな専門代理店が原稿制作をしている場合が多く、コスト的な面でデジタル送稿の環境を整えられなかったという送り手側の理屈。そしていまだに社内的にも社外的にも、統一のデータフォーマットが確立していないと言う作り手側の理屈。この二つの壁に集約されるのではないでしょうか。特に後者に関してはDTPに関わる私としても、ご当地ルールのためにどんだけ泣かされてきたことか。現に県内代理店は未だにサポートも終了したイラストレーター5.5から離れられない状況なのですから。7.0以降にデザインに携わらざるを得なかった若輩者たちは、自力でこの問題を解決してきた訳です。社内調整ほど労力を使うものはありませんからね。
台風大好き人間としては、ぜひとも大きな勢力を保ったまま、佐賀に上陸するのを楽しみにしています。ただ自分が吹き飛ばされないように気をつけないとね。
[PR]
by nekotekikaku | 2004-10-07 11:48 | @デザイン屋
<< 言い忘れておりました。 「Cabir(カビール)」 >>