「Cabir(カビール)」
Cabirは携帯電話専用OSの1つ「Symbian(シンビアン)」のSeries 60 を搭載した携帯電話で動作する世界初のウイルスだそうだ。この間買ったばかりの私の携帯電話F900iにもこのSymbianOSが使われているそうだ。Bluetooth機能を使って悪さをするらしいので、うちは大丈夫だけど。携帯もPCもやっぱり同じインターネット上で使用される限り、同じ境遇になるものなのかと身につまされる思い。いまやPCよりも携帯電話の方が、個人情報の集積率は高いのではないか。iアプリも最初こそアドレスにアクセス制限がかかってはいたが、いつからか住所録にもアクセスできるようになってるようだし、便利になればその分危険も増える訳で。対策はするって言ってるけどwindowsupdateなんていまでもパッチ当てまくりじゃないですか。
じゃあ通話だけできる機種出してよ〜と思う人も出るんだろうな。私みたいに。ブラウザ携帯、テレビ携帯もいいけど、ボールペンくらいの大きさの通話機能のみの携帯って出ないかなぁ。ガワをモンブランに作ってもらうとかだと高級感(本当に高級)が出ていいね。軸をくりくりって回すとアドレス帳がめくれて、カチって押すと通話。そんなシンプルな機械がなんで出来ないんだろう。こんなやつ程度でもいいんだけどもさ。b0020765_21595647.jpg
[PR]
by nekotekikaku | 2004-10-06 21:55 | @デザイン屋
<< 毎日新聞東京本社デジタル送稿に統一 地域広告のありかたって >>