駄菓子は甘くない!?
b0020765_231726100.jpg先日こどもびいるの総本山、わが街小城の友枡飲料に行ってきました。黒びいる(梅味)が出ていたので3本まとめて900円にて、こどもびいるを大人買い。

玄関先においてあった試作品には冷酒風「さいだあ」、その横のkodomoというコロナビール風パッケージも。中身自体は120円で買えるスワンガラナと変わらないのに、こどもびいるはバカ売れなんだそうです。かなりマーケ&プロモには力を注いでいるようで、その証拠に社員の出社表には県外出張が並び、棚にはぎっしり日経ビジネスが。最近は駄菓子もコンビニの方が揃いがよかったりしますし、明らかにオトナを意識した子どもグッズの売り方の巧妙さに頭が下がります。私もそれに乗せられてこんなエントリ書いちゃってるし。いいものさえ作れば売れると信じているのは、イチゴ飴以上に甘いと思い知らされます。

友枡飲料は非常に真面目な工場で、サイダーの炭酸も気の抜けたパッケージとは裏腹に泡立ち豊かでした。こどもびいるのような一見してのお遊び企画は、自社の製品に自信があるからできること。当然子どもは大喜びでした。
[PR]
by nekotekikaku | 2006-03-27 23:18 | @日常屋
<< 姉歯元建築士の妻が飛び降り自殺 でるか!?iPhone >>