小城市議選告示
小城市議選告示で朝から街宣カーがうるさい。

文字ベースの訴えと違い、街宣はテレビCMやプレゼンに近い。ハッタリかましてなんぼ。言った事は右から左。一瞬で通り過ぎ、その場で「ともにサクセスしましょう!」という気にさせる事が重要。だから声がだんだん大きくなる。プロモーションが派手になる。最終日は声の枯れ具合で情に訴える。大音量の疲労で寝付かず子供は泣き叫ぶ。勤め人は昼間は他地域に勤務し、家にいない。憎悪だけが募り、人となりは何一つ分からない。選ぶ材料が手元に無いのだから。

もう午前中だけでうんざり。明日からきっと電話攻勢。この旧態依然とした選挙戦が、市民の政治離れの最大の要因なのでは。うちの前で叫ばなかったら一票入れてやる、そんな感じ。冗談だけど。
[PR]
by nekotekikaku | 2006-02-12 13:06 | @新聞屋
<< バレンタインを楽しむ プレゼント追加:サガンメッセージ企画 >>