ガンダム展に思う
b0020765_152429.jpgおや、輪転が止まった。共同の速報でペルー人に逮捕状:広島の女児殺害らしい。

最近訳分かんない事件多過ぎ。動機を聞いても意味不明、理解不能な幼稚な犯行の何と多い事か。すぐ人を殺すもんじゃない。その背後にいる両親や地域の人、学校の友達、田舎のおじいちゃんやおばあちゃん、これから出会うはずのたくさんの人の悲しみに何で思いが及ばないのか。ネット時代に、地域を越えてさまざまな人とつながれる半面、今まで地域や言葉に阻まれて必要がなかった未知の文化への思いやりが必要になってきたとも言える。その思いやりが分かるヤツがニュータイプなんだと富野由悠季は言う。我々ガンダム世代はニュータイプになれるのだろうか。ちゃんと子どもに伝えられるだろうか。展覧会を振り返って改めてそう思う。

追記:犯罪を犯したのは社会的に孤立した在日外国人という線で落ち着いている様子。こういう人々は実際地域にいて、その人たちが声なき声を上げて行くための場の提供を地方新聞が出来ないものか、という事を先日東京で話し合ったばかり。孤立した点を結び線から面へ広げて行く。排斥するのは簡単ですが、そのコミュニティを地域が作っていけるか、再生のキーはそんなシビックジャーナリズムにあると思っています。
[PR]
by nekotekikaku | 2005-11-30 01:53 | @新聞屋
<< SONYに學べ:ブログ初心者へ ショック!:小石に戦力外通告 >>