弁当戦争勃発
b0020765_726397.jpg食い物の恨みは恐ろしい、ではなく。泉あいさんが「民主党 ブロガーと前原代表との懇談会」の参加者を募集したエントリで民主党から「弁当が出ます」との発言が物議を醸しています。私は「出されたご飯は残さず食べなさい」とのおばあちゃんの教えを頑なに守り通していますが、みなさんは大変ですね。個人的には具材の方が気になります。

■弁当食っちゃえ派
毒吐き@てっく
【絵文録ことのは】
BigBang
踊る新聞屋-。
■弁当食うべからず派
ガ島通信
上昇気流なごや
雑観練習帳

ブロガー懇談会のトラックバックセンターも出来た様です。個人が政党と同じ場で向き合う事が出来るようになった事は、単純に喜ばしい事なのでは。そこではじめて自民党、民主党の「民」って誰の事よ?って話になるわけで。「下流社会」がベストセラーになるなど、新しい階層社会の出現を薄々皆が感じている今日この頃。チープで便利なデジタルを駆使する個人が、血と地で繋ぐアナログの最たる政治にどこまで突っこめるのか。いまのうちに論点絞って、幕の内弁当(総花的)な論議で終わらない事を期待しています。私明らかに下流なので。

追記:雑感練習帳さんがべからず派に転身の模様。
ところで皆さん大変ですねを連発していたのは、それだけ記者には誘惑が多いってことですわ。出先で「まあ上がれ」で飯を食わせてもらう事もあるでしょうが、それを接待とみて断るのか、善意のもてなしとみていただくのか微妙なラインですよね。そこに上がって始めて腹を割って聞ける話もある訳で。経済面に書いてほしくてニュースリリース代わりに送りつけてくる、なぜか賞味期限ギリギリ海産物(^^)とかもビミョー。
しかし一つ基準としてあるとすれば「○○新聞記者という身分じゃなければこんな待遇を受けられるかどうか」という事に尽きるのでは。○○新聞に書いてほしい、少なくとも悪い事を書く時でも筆を鈍らせたい、そんな下心を超えた個人的付き合いが出来ているならどうぞ、弁当でも料亭でも行っちゃって下さい。そこら辺がフリーライターさんと違うところで、「公正な目で世を切る」って前提で月々数千円の付託を受けてる職業の使命だと思います。という意味でガ島通信の意見はわからなくもない。
でも新聞社員じゃなくても、おじゃましてお茶とお菓子くらい出されたら食べるでしょ。だから明確な線は引けない訳で「海苔弁まで」とかいう基準を設けるのはナンセンス。要は庶民感覚からズレなければいいんじゃないっすかぁ? 無菌室で健康食ばかりで暮らせる訳ないし、多少の毒も飲んどかないと、すぐ死んじゃいまっせという話かと。むしろ庶民感覚が分からないほうが問題ですな。
私ですか? 記者じゃないのでお弁当は大好きですw 残さず食べますので、誰か接待して下さい。

追記2:R30さんとこで速記録が載ってますねー。
ちなみに最終弁当論争の顛末だが、親子丼が各自の机に出され、全員が800円+お茶(缶)100円を大塚議員に支払ってむしゃむしゃ食べたとさ。
だそうです。これでいいじゃん。ちゃんちゃん。
[PR]
by nekotekikaku | 2005-10-31 11:18 | @新聞屋
<< 繋がるメディア 繋がるヒゲ エヴァンゲリオンわかんねー >>