エヴァンゲリオンわかんねー
b0020765_1431563.jpg今日ふらふらっと行ったパチンコ屋。
結婚以来とんと勝ちから見放されて、パチンコは最近はご無沙汰でした。学生時代は朝から晩まで打ってましたが、しばらく見ないうちに、北斗の拳、天才バカボン、ウリナリ、などすっかりテレビ・アニメネタばかり。学生時代は鉄火場風のガラの悪さと妙な高級感がありましたが、これじゃすっかりテレビゲームですな。

羽根もの好きな私はレレレのおじさんを打ちましたが、これにも液晶画面がついていて、継続回数を抽選するらしい。1000円で7回継続を1度引き、6回消化時点で再抽選、15回継続に昇格。なんじゃそりゃ。マジカペやトキオ、ビッグシューターなど、今更ながらシンプルな昔の羽根ものが打ちたいなぁ。いやぁトキオはマジで台を買おうと思いましたもん。店でエラー出す勇気はなかったもので。

さてその残り玉をもって、セブン機のエヴァンゲリオンに。役物とまるで関係ないデカイ人形が付いています。全部打ち込んでメモリの消化待ちでいきなり物語が始まって、2.3分ぼーっと見てると確率変動で大当たり。大当たりの間じゅう、エヴァンゲリオンの主題歌がちゃんと歌付きでリピートしまくりで、非常に恥ずかしい。いきなりミッションが始まったり、リーチの種類がいっぱいあったりと、楽しませる努力はしてるんでしょうが、演出過剰な気がします。だいたいルールがわかんねー。わたしはもっと単純に2コマスベリとか、エキサイトの「ピュ!」って安い電子音のほうが心臓高鳴るんですけど。ま、確率変動は1回しか継続しませんでしたが、久々(数年ぶり)の大当たりには満足です。結果5000円程度のあぶく銭ゲットでした。

さて、そんなエヴァンゲリオンをついでに見てみようと、いつものビデオ屋で総集編的なものを借りてきました。

わかんねー、これ。

すげー観客置いてけぼりですね。紀里谷キャシャーンの比じゃありません。さすがキューティーハニー庵野さん。今見ても何を伝えたいのか隠喩だらけ。分かりやすいのは包帯少女が妙にエロいのくらい。解説本が飛ぶ様に売れたのもうなずけます。これが米国で実写化されるんだそうで、なにがなんだか。で、なんなんですか、この映画の言いたい事は。自分でもしばらくハマって見てみようと思いますが、だれか400字程度で私に教えて下さい。

一つ感心したのは、この記事に貼り付いている画像のライセンス。ガイナックスのHPにはあらかじめ「エヴァンゲリオン・ホームページ」主宰の皆様へというページが設けられていて、使っていい画像としよう申し込みフォームがおかれています。申請者はフォームに書き込むだけで自由にその画像とオリジナルの静止画を使用する事が出来、いちいち当該部署に承認を得なくていい様になっています。クリエイティブコモンズと似て非常に使いやすいライセンスです。この場合、主催者は必ずファンでしょうから、口コミ的広がりがでる事は企業としても大歓迎なんでしょう。今後新聞社の各種リンク問題なども、こんなwin-winの形で解決していくんではないか、と思ういい機会となりました。
[PR]
by nekotekikaku | 2005-10-30 01:43 | @日常屋
<< 弁当戦争勃発 猫手企画の資産価値は1010万円 >>