選挙に行ってきました。
b0020765_20134252.jpg衆議院議員選挙に行ってきました。もう8時を回っているからいいでしょう、入れたのは比例も小選挙区も民主党です。小泉劇場ともマーケティング選挙とも言われたこの選挙に非常に反感を持って眺めていました。刺客、落下傘...自民党か自民党に入れざるを得ないようなメディア戦略。日本も米国同様、選挙を広告代理店が仕切る様になってしまったのでしょうか。公務員が支援団体で非常に歯切れの悪かった民主党でも、まだマシと思ったのでこの選択でした。他の政党は残念ながら実行力はないと見ました。
最高裁判官うんぬんは全部×。世代交代が行われない閉じた世界に善悪の裁量を任せたくありませんので。
さて、あとはガ島さんとこの祭りが盛り上がる事を祈念して明日の新聞を待つ事にします。おやすみなさい。

追記:やっぱり見てしまうw 今回の敗北者はメディアでしょう。小泉にうまいこと広報手段として使われ、票読みも出来ず、劇場選挙に加担してしまった。宣伝のうまいヤツは言う事が分かりやすい。でも、選挙は広告じゃない。しかし世の中分かりやすい問題ばかりではないはず。その問題を生活者が共有できて初めて選挙で正確な票を入れられるはず。その為に一番必要な事は、生活者が政治に関心を持ち、勉強する事です。それは決して怠ってはいけない国民の義務なんじゃないでしょうか。公職選挙法を変えてでもその論点を徹底的に有権者とともにつめていかなくては、声が大きい方、よく見る方に票が流れるのは自明の理です。ネットや紙面討論などはぎりぎりまで必要だし、街宣カーや電話勧誘はむしろ止めてほしい。論議を深めるため、生活者の意見を吸い上げるための手伝いを新聞はもっと担うべき、と考えているのですが。まとまり無いですがそんな事を考えた選挙戦でした。改めておやすみなさい。
[PR]
by nekotekikaku | 2005-09-11 20:22 | @日常屋
<< 噂どおりセオリーどおり:eBa... 星野仙一氏:阪神残留の意向を表明 >>