Thunderbirdへお乗り換え
b0020765_1849980.jpgMac純正のMail.appがバギーで仕事のジャマをし出したので、うわさのThunderbirdへお乗り換え計画実行中。ところがいきなり複数アカウントの管理が弱いことが発覚。SMTPサーバーをうまく切り替えてくれない。アカウントが10以上あるためこれは致命傷。しかもアドレスを純正のアドレスブックからどう読みこめばいいの?とてもいらつく。ヘルプを読む時間も惜しいのに。

「新機能いっぱい」が商品価値だった時代は終わり、ユーザーは安定性や作業の冗長性を求め出しているのに、デベロッパーはは相変わらず独自の企画にこだわりたがる。内部処理はオリジナリティにあふれていて構わないが、データ接続のインターフェースだけは規格として共通にする必要があるんじゃない?でないとメーラーの引っ越し一つで半日潰れてしまうのは、作業の軽減のためにPCを使っているはずなのに本末転倒。自宅PCで猫と子どもがすがりつかなければ、いくらでもいじり倒してやれるのだが。

中途半端な優位性より、人は慣れたものを優先的に選ぶものだ。逆にそれを替えさせるには決定的な優位性か絶望的な欠陥がなくてはならない。そこにあることを気にしない程存在感のないソフト、オフィスの椅子の様に淡々と仕事をこなす、それが一番良いソフトなのかもしれない。どこかにそんな有能な秘書の様なMac用のメーラーはないですか。切に希望。

追記:らいてうさんを入れたとたんにmail.appの調子が復活。ソフトにも競争原理が必要?scapaさんに教えてもらったGyazmailも気になる気になる。
[PR]
by nekotekikaku | 2005-08-20 18:48 | @デザイン屋
<< 「たばこ=ワル」の終焉:中高生... カミナリにはご注意! >>