脱1ボタン:Apple Mightymouse発表
b0020765_14434997.jpg2005.8.2はちょっとした歴史的日になります。Appleが今日発表した Mighty MouseでMacintosh始まって以来20数年、かたくなに固持してきた1ボタンマウスと決別した記念日です。タッチセンサー式のフルカスタム可能な4ボタンと、360度対応のスクロールボールで、センサーは光学式となっています。USB対応のMacintoshはもちろんWindowsでも使用可能ですが、カスタマイズにはMacOSX Tigerが必要になります。光学式は個人的には好きではありません。ポイントがどこに飛ぶとも分からないので、仕事に使えない=WACOMのタブレットから離れられないのです。

最近ユーザビリティ関係の本を読んでいますが、考えるにつれMacintoshはその点どれより考えられたOSだったと言わざるを得ません。今回のリリースが1ボタンで物足りない人へ向けたのであればともかく、1ボタンで操作できるOSであることを事を諦めたのであれば問題です。複雑になる情報と操作性を知恵と努力によって誰にでもやさしい形でまとめあげる力、それが今後のデザインに求められるものだと確信しています。ポリシーなき歴史の1ページとならない事を願って止みません。

そういえば明日も歴史的日になる可能性が?
[PR]
by nekotekikaku | 2005-08-03 14:42 | @デザイン屋
<< 今さらセカチュー 脱自前主義:長崎新聞がblog開始 >>