みっけ!:佐賀で一番うまい焼き鳥屋
私が佐賀で一番うまいと思っている焼き鳥屋が、先月末で閉店してしまいました。量販店の軒先の屋台でやっていたのですが、いつの間にか店のスペースには特売のトイレットペーパーが積んでありました。そこのオヤジは以前別のチェーン店で焼いていたのですが、私も他の常連さんもその頃からのファン。店を移るたびについて行っていたのですが、今回しばらく顔を出さないうちの閉店に、嫁と二人ため息をついてあきらめていました。

しかし昨日のドライブ途中に偶然、普段とおらない田舎町のスーパー横で見つけちゃいました。早速降りてみると既に常連さんだらけで「新規の客が来られんじゃんね!」と怒られる始末。いやいやここの豚足は最高ですから。5時間グラグラと寸胴で炊き上げたそれは、焼きの時も蒸し焼きにするため、脂がすっきり抜け落ちてプルプルコラーゲンがお肌にうれしい。箸でつつくとほろほろと身離れも良く、歯のない下の子(10ヶ月)も半身食べてしまうほどの柔らかさ。特製の甘酢ダレとあわせると、これが芋焼酎のお湯割りにめちゃめちゃ合うんです。そんなわけで一日限定20個の豚足を巡って、夕方から熾烈な常連さんの駆け引きが繰り広げられるのです。当然家族内でも奪い合い。泣いたもん勝ちで子供の勝利。なんでー?

わざわざ山口県から買いにくる強者も居ると言うこの焼き鳥屋。場所を教えたいんですが、何せなかなか行かないところですので詳しく教えられないのと、やっぱり本当にうまい店は自分だけのものにしておきたいんですよねぇ。
[PR]
by nekotekikaku | 2005-07-04 08:18 | @日常屋
<< スゴい人だー:山岡俊介氏リアル炎上 高校野球の季節 >>