伝説の牛丼「吉田屋」オープン
b0020765_14574127.jpgYahoo!「佐賀県」の牛丼屋が開店 はなわさんの歌詞の吉田屋が本日開店したそうです。共同の記事の
地味と言われる同県に新たな名物が加わった?
のひとことにカチン! 佐賀は地味じゃなくて「渋い」んです!おバカな若者偏重主義じゃなく、違いの分かる大人向けなんです。

その証拠にこの「吉田屋」も地元では定評のあるステーキレストラン「蜂」のマスターが、地産地消をテーマに佐賀県産食材でこだわってプロデュースしているといいます。肉はもちろん全国ブランドの佐賀牛。どんぶり碗も焼き物王国佐賀を代表する吉田焼です。その佐賀の贅をつくしたどんぶりが、注目の集まる形で世に出ただけです。私はまだ食べてないですが、話題だけの東京方面の食べ物屋と一線を画す物であることは保証できそうです。

佐賀県民はPRベタですので、こういった形でまず手に取って、味わってもらうまでが遠かったりします。しかしなんといっても全国一の田舎を標榜するだけあって、地力はどこにも負けません。その素材の違いが分かる大人の方には、今回を契機にきっと佐賀の奥深さに触れていただけることでしょう。是非ご賞味ください。

私はほとぼりが冷めてから家族でいこうと思っています。東京の方と違って並ぶのと渋滞が大嫌いですから。私の小遣い的には、レギュラー丼よりさらにお安くミツル丼(326円)や、江頭丼(250円)なんかも欲しいところですね。

追記:「吉田屋」は「吉田家」だそうです。牛丼の吉野家も「家」ですからね。
[PR]
by nekotekikaku | 2005-07-01 15:21 | @日常屋
<< 高校野球の季節 猫手お遊び企画:6月の検索ワード >>