日本語で話しましょう。
b0020765_122595.jpgエンジニア専門用語★街頭実験室爆笑。SEは「平社員の中でも偉い人!」、COBOLは「超・オレ・ブサイクだけど・おまえが・ライク」「いいこと言った!」。すごいよ、女子高生。

でも笑い事ではなく、伝えたい相手にわかる言葉で語りかける重要性を示唆している(と思う)。ことIT関係の話しをするときは英語でも開発言語でもなく、日本語で生活の実情に合わせたたとえを交えつつ、その人との接点はなにかを伝えていくことは案外難しいものです。つい知ったかぶりしたり、専門用語でけむに巻いたり、海外の事例でごまかしたりしがちですが、私たち地方紙にはそれの翻訳能力を求められています。専門用語を並べて「一緒にサクセスしましょう!」というITバブリープレゼンターは2000年初頭には絶滅しました。身の部分で勝負したいものですね。
[PR]
by nekotekikaku | 2005-06-20 12:25 | @デザイン屋
<< 新潟で震度5弱 いまここにいまーす >>