IntelMac始まる
APPLE LINKAGE WWDC 2005特集では今朝のカンファレンスの概要を発表しています。主なところは
Apple、Intelプロセッサ移行のプレスリリースを掲載
ADCメンバー向けに、G5タワーケースに3.6GHz P4 Intelプロセッサを搭載した移行用キットを999ドルで提供
すべてのMac OS Xは、PPCとIntel向けにコンパイルされている
Intelへの移行は2年間で完了(2007年内に完了)
Intelのプロセッサを搭載したMac、来年登場
PowerPCからIntelに移行
次期Mac OS Xは"Leopard"(ヒョウ)
iTunesにポッドキャスティングのサポートを追加
iTMSで4億3,000万曲以上がダウンロードされる
といったところ。実際に3.6GHzPentium4のMacがデモされた様です。Photoshopもさくさく動いていたみたい。直接Windowsが並走する訳では無さそう。でも絶対誰かするよね(^^)実は5年前からIntelベースで動くOSXは開発していたんだって。次期バージョンのMSOfficeはIntel,PPC双方で動く仕様となる見込み。こりゃ3年は新しいMac&ソフトは買えませんね。予算取り、困ったものです。しかし結局「我々は最高のPCを作るために決断した」なんてJobsの言葉に盛り上がってしまうのが、Macファンなんだよなぁ。
[PR]
by nekotekikaku | 2005-06-07 05:44 | @デザイン屋
<< 作るために作る:城原川ダム建設へ 今年2発目の衝撃:Macにin... >>