世界遺産クオリティで運動会:ハイビジョンハンディカムHDR-HC1
b0020765_18134796.jpgもうここ数日はデジもの三昧ですが、私的にはこれが本命。

Sony StyleハイビジョンハンディカムHDR-HC1が登場したそうです。ハイビジョンカメラが178,000円の衝撃。これが数年前までは数百万していたわけですから、時代は早いですよね。HDコーデックエンジンは上位機種と共通で、画質も3CCDだなんだじゃない次元です。大きさも普通のハンディカムサイズ、マジ仕事で使えそう。案外照明・録音機材の方が高かったりして。

QT7のHD化とともにアマチュアカメラマンにもハイビジョン施設が整ったわけです。後は作品の中身、クリエイティブ次第ですよ、お父さん。もう「家庭用だから」の言い訳は通用しません。世界遺産クオリティで運動会...贅沢な世の中だなぁ。

追記:州信さんからのご指摘。確かに1080×1920のフルサイズではないですので、世界遺産クオリティは言い過ぎですね。モードを比較すれば「佐賀遺産」程度? ただ、この性能でこのお値段はやはりお買い得ではないかと。根っこの部分がDVと違うので(ただDVテープに落とすんですよね...)いぜんみたHDCAMの画質を期待しちゃうのです。でもあれはCCDだったし。なんだか不安になってきました。早く現物を見てすっきりしたいです。
[PR]
by nekotekikaku | 2005-05-18 18:04 | @デザイン屋
<< 阪神首位タイ! ゲームウォッチ♪ ゲームウォッチ♪ >>