Blog論2005年バージョン完結
書くタイミングを失していましたが、梅田望夫氏の「Blog論2005年バージョン」が完結しました。My Life Between Silicon Valley and Japan 最終回の7回目も、私も愛読している「デジモノに埋もれる日々」さんのラーメンの引用や以前CNETに載った「ギークとスーツ」の話しなど、ネットの現在と今後を見る上で重要な指針が示されています。前回までの分も含めて、もし読まれてない方は是非是非読んどいた方がいいですよ。

この連載に端を発したblog終焉論あたりもGW前に盛り上がりましたね。日本はアメリカと違いますから一概に直輸入すればいいものではありませんが、それもローカライズのしようだと思っています。blogがどんなにいいツールでも日本人好みの、佐賀県民好みの味付けにしないとバタ臭くて受け入れられないでしょう。ラーメンでも佐賀は何故かトロトロ麺が好みのようで、私個人の好みとしては雑誌の評価には首を傾げたくなりますが。一部のスタンドプレーがうまいラーメンをよしとするのではなく、自分好みの極上のラーメンを探し、発信し続ける人はまだまだ増えると思っています。チャーハンもね。
[PR]
by nekotekikaku | 2005-05-06 11:08 | @デザイン屋
<< JR脱線事故:まずはここから チープにiPodを車載してみた >>