メガネを使わずに3Dが見られるディスプレー
b0020765_1745343.jpgYahoo!ニュース東芝 立体映像が浮かび上がるディスプレー開発したそうです。
従来の技術は、右目と左目用の2種類の映像を微妙にずらす方式だったため、正しく映像が見える角度が限られ、目が疲れるなどの問題があった。新開発のディスプレーでは、物体を十数方向から撮影した映像をコンピューター処理して画像を作製。ディスプレー上に張った特殊なフィルムでその画像からの光を微妙に屈折させ、人間の目には立体に見えるようにする。ディスプレー正面の左右約30度の範囲で、自然な立体映像が見える。画質はテレビのアナログ放送並み
だそうですから、一度見てみたいものです。左の写真どれが本物か分かりますか?右下の缶のみ実物なんだそうです。スゴい。

b0020765_175710.jpgこれを見て私的にまず一番最初に作りたい動画は「助けて!オビワン・ケノービ」のレーア姫 in Star Warsです(^^) しかもこちらの方が画質がよさそう。宇宙時代を先どった気分です。これに3DスキャナをつけてCintiq3Dのような入力デバイスに出来たら、映画マイノリティレポートの世界まんまじゃないですか。電子ペーパーも今年あたりから普及期にかかりそうですし、デバイス関係はにぎやかな年になりそうですね。新聞もそのデバイスに最適化した作りを目指す努力を怠ってはいけません。面白くなりそうです。
[PR]
by nekotekikaku | 2005-04-16 17:17 | @デザイン屋
<< Bloglinesにログインで... MacOS10.3.9公開 >>